忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

JDR-ETFに軽減税率!これでようやくまともな商品に

私の中ではビッグニュースです。

私の愛用しているフロンティアETFを含め、iシェアーズJDR-ETFの配当現地課税が現行の30%から大幅に軽減され、10%となります。

これでJDR-ETFは不利な商品ではなくなりました。

野村ネット&コールより

https://netcall.nomura.co.jp/oms/ComMulGetControl/ComMulPopupGet00/POPUP?burl=offv&dir=home%2Finformation%2Fcontents&file=0812_ishares_01.html

追記

今は野村ネット&コールのみの対応でしょうかね。
今後はSBI証券等のネット証券に拡大するよう期待したいですね。
一応SBI証券の問い合わせフォームにて要望を出してみます。
対象商品は
  • iシェアーズ先進国株ETF(1581)
  • iシェアーズエマージング株ETF(1582)
  • iシェアーズフロンティア株ETF(1583)
  • iシェアーズ米国超大型株ETF(1587)
  • iシェアーズ米国小型株ETF(1588)
  • iシェアーズ米国高配当株ETF(1589)
  • iシェアーズ米国リート・不動産株ETF(1590)
です。

この中でも米国小型株、高配当株など、今まではなかなか投資しずらかった部門にも手軽に購入できることとなります。



私は今のところフロンティアETFのみこの中では用いていますが、今後は高配当株、小型株などにも不定期積立を行いたいと思います。
調整の時に気付けば落ちるナイフを拾いに行く覚悟で買いに行ったのですがね(笑)

どんなにごちゃごちゃしようが、欲しいものを買うのが私です。


特に米国高配当株は税制の不遇から使い物にならなかったのですが、今後は使い勝手が大幅に増しますね。

もちろん米国以外への投資はEXE-i同様、3重課税となります。そこは注意願います。

しかも、配当の方式を登録配当金受領方式にするだけで、確定申告をせずとも自動で二重課税を回避することが可能(正確には外国税控除が自動)です。

海外ETFなんていらなかったんや(笑)

これはなかなか大きなニュースです。

JDR-ETFは仕組みは優れているのですが、配当税制だけはどうにもならなかったのでこの変更は非常に大きいです。

今後JDR-ETNも同様の変更が行われるならば2044配当貴族などの商品も格段と使い勝手が増します。

野村さん。どうか変更のほどよろしくお願いします。





拍手[2回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

どうなるかな

こんにちは、私も1581と1582を購入することを3割天引きにびびって躊躇していました。朗報ですね。
ただ、2重課税回避が自動的にできるかはまだ早計だと思います。
私は1557を所有していますが、外国税が1割天引されて口座振り込みじゃなかった、なぜか郵便為替が送られてきます。銀行も同じ三菱UFJ信託です。

さて、1581と1582はどうなるのでしょうかね。
  • from とおりすがり :
  • 2015/08/30 (10:36) :
  • Edit :
  • Res

Re:どうなるかな


コメントありがとうございます。
私は低コストインデックスファンドがあるクラスに関してはインデックスファンドを用いたいので、1581,1582は検討していませんが、今後ネット証券でも広がるといいですね。

1557はJDR-ETF形式じゃないので、外国税控除は手動で行う必要があります。
JDR-ETF形式なら受託会社である三菱UFJ信託が行う責務があるので、株式数比例配分方式以外であれば外国税控除は自動です。
  • from ニシ :
  • 2015/08/30 (11:24)

カテゴリー

最新コメント

[04/23 MYI]
[04/19 かがわ]
[04/16 NONAME]
[04/15 MYI]
[03/27 レラオ]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]