忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

1477最小分散ETF少額購入。が、しかし

10/20は待ちに待った(?)1477 iシェアーズ最小分散ETF上場日です。

他にも期待のiシェアーズ東証上場シリーズ4種類がそろって上場しました。

10数口、記念にニーサ内にスポット買いしました。

が、しかしだ。新商品に飛びつくのはよくないですね(苦笑)


初日はまだまだ板が薄いです。
完全にマーケットメーカーが仕事していませんでした。

買うときも売るときも適正価格で売買するべきです。

買った瞬間、ミニマムボラティリティの意味もなく、その後ダダ下がりとなり
おそらくかなりのプレミアムがのった状態で購入することとなりました(笑)

適正価格がどれくらいかわからないまま買ってしまったため、買った初日で⁻3%以上を達成(笑)

※ちなみに日経平均は上がってます。

下手したら、無駄に5%くらいプレミアムがのった状態で購入したかもしれません。

これでは、購入手数料を払って投資信託を買う人を馬鹿にできません

良い子がETFを買うときは、ある程度市場が落ち着いたら適正な価格で購入しましょう

終値は1670でしたが、1700以上で購入してしまいました。反省。

約700円の損。ラーメン一杯分をどぶに投げました。

これは私の判断が間違った(昼休みに適当に指値した)だけであり、
商品自体は期待の新人です。

1口2000円弱から買えるのでニーサにはちょうどいい商品ですね。

もう少し落ち着いたら、また積み増したいと思います。

私は1477最小分散ETFは今年のファンズオブザイヤー2015に投票します。
何ポイント投票するかは、まだ決めていませんが(笑)

※ 簡単に解説すると(というか上手く説明できませんが)、最小分散とは最もリスクの低くなる組み合わせで株式を組み入れたものです。リスクを小さくしても、リターンが低下するわけではありません。

現状ある、現金比率を変えるリスクコントロール型ETFとはわけが違います。
価格のばらつきが少なく、且つシャープレシオも高くなるという優れものです。
ディフェンシブ株だけの構成というわけでもないです。

要は数学的にちゃんと相関を考えた銘柄で構成されてるよってことです。

間違っていたら指摘お願いします。

ちなみに、インディカティブネットアセットバリュー(理論価格)はこちらで確認できます。

http://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/inav/


今度からはちゃんとこちらを確認してから購入します(笑)

※ 謝礼

おかげさまで、忍者カウンター設置から半年ほどで10万オーバーとなりました。
ひとえに閲覧していただける皆様のおかげです。ありがとうございます。

しがない個人のブログですので、なるべく公成かつ公平に、そしていいものはいい、悪いものは悪いと言っていきたいと思っています。

信用失墜行為、守秘義務、職務専念は努めなければなりません。
中には批判的な記事などもありますが、上記を怠らないようにします。

ただし、私の知識不足などで判断基準が間違っている可能性もあるかもしれませんのでそこはご了承ください。いくつか知識不足でオンライン上に載せたものもあります。
基本的には削除しませんが。

読者の方へ有意義な情報となるようお届けできるよう努力します。





拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

早速購入しましたか。私は1478の方が気になっているんですよね。日本株クラスの投資は投信→ETFでいいんじゃないと思ってきています。来年のNISAで買ってみるかな?^^
  • from クロスパール :
  • URL :
  • 2015/10/21 (06:10) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

コメントありがとうございます。

1478 MSCI高配当もいい銘柄ですね。
私は1577野村高配当が好み(時価総額比ではなく等金額)ですので、
高配当等金額があればそちらを優先したいですかね。
  • from ニシ :
  • 2015/10/21 (06:42)

カテゴリー

最新コメント

[05/12 MYI]
[05/01 立川 一]
[04/23 MYI]
[04/19 かがわ]
[04/16 NONAME]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]