忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

野村證券でネタファンドを買ってみる

早速カモになります。

完全にお遊びです。

ポートフォリオにはいれません。
(たまに、ネタ枠として運用成績を公開します)

ネタと言っても負けるつもりはさらさらありませんので、
それなりにまともそうな銘柄を選定をしたうえで購入します。

普通にトヨタAA株が当たっていたら、こんな使い方はしませんでしたがね。
(もっとボーナスを有意義に使いたかったです。)

ちなみにこれらの銘柄を買うとしても普通にネット証券で買った方が遥かにお得です。


良い子も悪い子もは私のまねをしないように(笑)

  • NEXT FUNDS 野村高配当70連動型上場投信
  • (1577)(信託報酬0.35%)

中身は不明のブラックボックス(笑)

追記 いつの間にか見れるようになっていました。
この指数を見るためには手数料が必要です。
あけてはいけないものを空けてしまうかもしれません。
信託報酬自体は安いので採用します。


  • NEXT NOTES  S&P500 配当貴族(ネットリターン)ETN 
  • (2044)(信託報酬0.85%)
ETNはその会社の信用リスクをもろに背負います。
つまりこの銘柄は野村の信用リスクを丸ごと背負います。
ですので、連動性こそETFよりも高いものの、あまり積極的にETNというものを選びたくはないところ。
ちなみに配当貴族とは25年連続増配した企業40社から配当が多い順に構成されています。
配当貴族指数とはありますが、ETNに配当はありません。
配当込指数に連動する債券です。配当が出ない分複利効果が望めるのか?
ETNは厳密には債券ですので償還期限も設定されています。
名前がリッチなので採用します。


  • NEXT NOTES STOXX ASEAN 好配当50 (円 ネットリターン)
  • (2043)(信託報酬0.80%)
アセアン地域に投資するETNです。例のごとくETNなので好配当とは書いていますが、配当はありません。
こちらも配当込指数に連動するので、もしかしたら複利効果は高そう。
新興国株クラスで使えそうなものがこれくらいしかなかったため、これで勘弁願います。
さすがにブラジルやおそロシアなどの1国にぶっ込めるほど勇気はありません。
消去法的に採用します。



ここまでは野村関連の銘柄ですね。
なんたって野村證券で購入するのですからそれらを中心に買ってあげなければなりません。
ETNは初購入です。
正直どういう仕組みかはいまいち分かっていませんが、ETFより乖離が少ないというのは分かっています。かい離は少なくとも信託報酬は高い。どういうこと?

  • UBS 欧州株ETF
  • (1386)
  • (信託報酬0.2%)
これは比較的まともな選定ですが、なにより欧州に投資すると二重課税問題がつきものです。
特に米国ETFは欧州に投資すると多重課税問題があるので、この銘柄を私が実験台として採用させてもらいます。果たして多重課税は防げるのか?

またどうしても時価総額比で買うと、先進国株はアメリカに偏るのでそれを抑えるためですね。取引量がかなり少ないのが難点です。

ギリシャデフォルトの影響を受け、割安に仕込めそうという思惑もあります。



これを20万円~25万円程度分購入します。
あえて面倒な電話にて購入します。
手数料は3000円近くします(笑)

訂正
銘柄ごとに手数料がかかるという致命的弱点がありました。
取り敢えずこの中で一つ、二つだけ購入します。

追記
お昼休み中成行で1577、2044買付しました(笑)
2種類約40万円分ほどで手数料なんと約6,000円。まさにカモですね。



ただし負けるつもりはありません
それなりに平均を上回るような成績を残すファンドだと思われます。

まずは営業さんと仲良くなることから始めます。

次のジャパン・シニアリビングはまわしてくださいね。


拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]