忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

貸株サービスについて


長期投資をするうえで普通に株を保有する上で、配当が最も大事となってきます。
それに+αを求める場合、保有している株を証券会社に貸し出し、金利を得るという方法があります。

それが貸株サービスです。

貸株サービスで力を入れている証券会社は
  • マネックス証券
  • SBI証券
  • カブドットコム証券
  • 楽天証券
などがあります。

特にSBI証券では昨今のS級IPOであったテラスカイなど5銘柄は、今現在なんと20%の貸株金利で貸し出すことができます。

※ ただし、貸株金利が高いということは、空売り需要が多く、それだけ下がる可能性が高いという意味でしょう(笑)

高金利スワップと意味的には同じです。

また、マネックス証券、カブドットコム証券ではETFの貸株サービスも行っており、信託報酬を実質的に下げることもできます。

ETFで貸株サービスを行うならマネックス証券が一番でしょう。

ただし、貸株サービスの注意点は多数あります。

  1. 貸株を行った会社が破たんした場合貸した株が返ってこない可能性がある(信用リスク)
  2. 信用取引ができなくなってしまうこと(但しカブドットコムなら可能)
  3. 長期優待目的だと名義が変わり、優待を受けられなくなること
  4. 配当相当額で受け取ることとなり、そこから課税され2重課税となってしまうこと
信用リスクについては、少なくともこの証券会社が数年以内で倒産ということは考えにくいですが、毎年財務状況は確認しておく必要はあるでしょう。

2に関しては、インデックス投資家であれば信用取引自体しないでしょう(笑)
カブドットコム証券ならこういった問題もありません。
つなぎ売り、クロス取引等ができなくなるのは、個別株優待ただ取り狙い中心だと辛いかもしれませんね。

※ 追記 訂正
マネックス証券以外は普通に信用口座を作ることが可能でした。

3も同様に、ETFなら問題はありません。優待権利日に保有しているだけであれば個別株でも優待優先制度が各社有るので問題は無いです。

この中で最も大事なのが、4番の配当の二重課税問題です。

配当相当額では税引き後の配当相当額を証券会社からもらうのですが、それが配当所得ではなく、雑所得となってしまうのです。
特にFX等雑所得が20万を超える可能性がある方は注意です。

この問題を避けるためには配当権利日は自分で手動で振り替えて配当権利を受け取ることが大事です。マネックス証券では、貸出金利が半減しますが、この配当権利日の振り替えを自動で行うサービスがあります。

ですのでもしも貸株サービスを利用したいのであれば、マネックス証券で配当権利を優先する貸株サービスを利用することをおすすめします。

他社の方が金利は高い銘柄も多いのですが、仮に2%の配当があり、
20%の税引き後、20%支払わないといけないとすると、配当相当額はわずか1.3%くらいにしかなりません。

普通の配当2% → 税引き後配当1.6% ≒ 配当相当額 

→(雑所得 課税額20%の場合) 約1.28%分(配当相当額の手取り)

※ 雑所得の課税額は人によって様々です。ややこしい。

信託報酬でいえば0.32%も損をしています(笑)


ですので配当込でのパフォーマンスは、貸株金利で得られる利益を大きく下回るような成績となる可能性があります。

個人的には貸株サービスはおススメしかねますが、SBI証券の投信ポイント同様、ETFの実質コストを削減するためには積極的に利用したいサービスでもあるので、ETF主体ならばマネックス証券を用いるか、カブドットコム証券で手動で振替等を行うかがいいかと思います。

カブドットコム証券ならフリーETFがさらに安く維持できますしね。

手動振り替えは面倒なので、それを考えるとマネックス証券がいいかと思います。

貸株サービスはこういったリスクがあります。
ただ0.5%以上で貸し出ししているような銘柄(ETFも含め)も多いので、銘柄によってはSBI証券の投信ポイントよりもキャッシュバック率は高いとも言えます。
メリットデメリットを比較して利用していただければと思います。



拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[04/23 MYI]
[04/19 かがわ]
[04/16 NONAME]
[04/15 MYI]
[03/27 レラオ]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]