忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

日本株を購入する際は外国人投資家を意識する

日本株式の変動要因の多くは外国人投資家による投機的な投資によるものです。
日中売買している多くは外国人なのです。実際のところ。
日本人自体は売買頻度が少なく、バイアンドホールドの方が圧倒的多数です。

ですので、日々の変化は一部BNFさんやCISさんなどの個人投資家を除き、
ほとんどは外国人投資家によるものと推定できます。



中国バブル崩壊以後、今日の日経などのボラティリティは非常に高い状態が続いています。
それが福山雅治が結婚しただけのせいではないのは確かです(笑)

私たちは買うだけの方がメインなのに、どうしてこんなに高いのか。

それは外国人投資家の売買シェアが60%以上だと言われているからです。

もちろんそういった方は、長期保有がメインではなく、積極的なキャピタルゲインを狙っていく短期売買が主流です。


黒田バズーカ等金融緩和でリスクオンの状態では、マネーが株に流れ
逆にリスクオフの時は株式市場から引き揚げる投資家が多いのです。

外国人投資家は順張が好きですので
株価が上昇する際は基本的には外国人投資家の影響で上昇し、
株価が下落する際は外国人投資家が資金を引き揚げているというのが現状です。

こういった意味では、モメンタム投資に有効性があるというのは分かるかと思います。

株は上がるから買う人がいるのであり、下がるから売る人が増えるのです。

近々の日本株については、特に外国人投資家の影響でその傾向が強くなります。

短期のボラティリティに惑わされず投資するというのはなかなか難しいですが、
上がるときは一方的に上がるのであり、下がるときは一方的に下がります。

これからまたリスクオン状態になるのか、はたまた一方的に下がるのかを予想するのは難しいですが、少なくても今はリスクオフの状態であるのは確かなので
大きな額を一括投資をするタイミングではないでしょう。

と言っているうちに黒田バズーカ第3弾が来るのかもしれません。
予想しようとすること自体ナンセンスですね。

いずれにせよ相場の底というのは分かるはずもないので、下がったら安値で買える、上がったら基準価格が上がるという平静を保てる点では積立投資は、特にボラティリティの高い相場では有効ですね。




拍手[1回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[09/29 MYI]
[09/28 やっと]
[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]