忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

ウィズダムツリー日本法人化

海外ETFの老舗であるウィズダムツリーの日本法人化が決まりました。

梅屋敷のランダム・ウォーカー

ウィズダムツリーが日本法人設立へ。DLSとかどうですか?

日本ではあまりなじみは無いですが、今のニーズ多様化に応えるような非常に個性的なETFが数多く設置されている会社です。

まず大前提として、市場は決して効率化していません

それでもインデックス投資は平均を低コストでとる優位性(平均値は中央値より高いので)というのが強く、
ベストな選択肢ではありませんが、少なくとも多くの庶民にとってはベターな選択肢です。
下手なアクティブファンドを利用するよりは遥かに好成績を残せるでしょう。

しかしながら、私はまだまだ人生終末期まで長いです。

若干失敗しても取り戻せる段階です。
アクティブファンドというのは今後すたれていきます。
ファンドマネージャーの給与が高いだけですから。

そこで今後はそういった指数に連動するものではあっても、TOPIXやS&P500の指数よりも上回ることができる指数であればそちらに投資した方がいいわけです。

ウィズダムツリーはそういった市場平均に満足できない人、ですが個別株やアクティブファンドを利用したくない人向けに痒いところに手が届いたETFを各種揃えています。

例えば高配当戦略。
ネタファンド購入以降、最近のマイブームですね。(笑)
過去のデータ上、期待リターンを押し上げたまま、リスクを下げることができます。
高配当が好きなのではなく、リスクを抑えてリターンを上げることができるという指数だというのが評価できるところです。

各種スマートベータの戦略上、最も優れているもののうちの一つです。
個人的には高配当戦略(出来れば等金額)とファンダメンタルズ戦略、低ボラティリティ戦略、の3つは使えるかなと。

JPX400などのROE(クオリティ)戦略などの効果は微妙だと思っています。

・ウィズダムツリー・エクイティ・インカム・ファンド(DHS)

・ウィズダムツリー・ヨーロッパ・ヘッジド・エクイティ・ファンド(HEDJ)

・ウィズダムツリー・エマージング・マーケッツ・エクイティ・インカム・ファンド(DEM)

こういった日本では決して変えないような新興国やヨーロッパの高配当株など
マニアックな商品が多数あります。これらは海外ETFとして日本でも買えますね。

他にもDLSやDTDなど高配当物や小型株物などの各種種類が充実しています。

JDR化させるなどすると選択肢として大幅に広がりますね。
ただしこれらの海外ETFは米国籍なのでJDRにすると課税関係的にかなり不利になります。
出来ればタックスヘイブン上場ものが欲しいです。

今後日本法人化するうえでこういったマニアックな投資商品は市場は効率化していないという
前提で投資を行う上で、時価総額比の平均値を上回る成績を低コストで実現できる有力な商品と言えるでしょう。

日本(の税制に対応した)向けに開発に着手していただきたいですね。




拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[12/17 MYI]
[12/16 ひろ]
[11/11 ひろ]
[11/07 通行人]
[09/29 MYI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]