忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

量的緩和の出口

量的緩和の出口戦略。

既に量的緩和によって、実質的には政府の財政再建されたと同義、しかもハイパーインフレなんか起こらず、むしろイギリス離脱などの外的要因によって更なるデフレに進もうとしています。

これが経常黒字で、純債権国たる力です。
余剰生産力が十分あるからこそ、できる荒業です。

別に出口を作る必要もありませんが、敢えて作るとすればどうするか。



政府には貨幣発行権があります。(ただしEU諸国は各国で通貨発行できない)
全ての貨幣は政府が発行しています。1円~500円玉迄。

一応紙幣の発行権はありません。
なんとでもなるのですが(笑)

まず、10兆円貨幣(金貨でもいい)を量的緩和で日銀が買い入れた国債分発行します。
今なら取り敢えず320兆円分発行できます。

32枚の金貨を日銀当座に預け、政府が日銀の保有する国債を買い入れます。

日銀の当座には32枚の10兆円金貨を受け取り、政府は国債を償還します。

これだけです。

あくまで親子同士の金のやり取りなので、インフレは起きません。
実体経済にお金が流れないのですから。

以上。


実質的には量的緩和自体が、政府の自社株買いのようなもんです。
自社株(国債)を金庫保有(日銀が保有)するか、消却する(償還する)かの違いです。

政府の利払い費が無くなる代わり、
国庫支出金として日銀が政府に繰り入れる分が無くなるだけ。

既発債の借り換えにはインフレを引き起こす要素は無い。
そもそも返済する必要が無く無限の借り換えが前提です。世界中探しても政府債務返済を計上しているのは日本だけ。真面目と言うかバカと言うか。
インフレ懸念する必要があるのは、新発債を大幅に発行したときのみです。
新たにお金が供給されるのは新発債が発行され、市場にお金が流通するときだからです。

日本は見事、世界で最も健全な政府になりました。
それでも円高になるすごい国です。

18年債までマイナス金利です。
40年債に至っては、たったの0.077%。まさに異常事態。
個人向け国債最下限金利と変わらない状態。

国債で運用はできません。
ポートフォリオ理論()。

敢えて市中においておけば、ソフトランディングでデフォルトします。
そんな状態を放置するほど民間企業は甘くは無いので、どんどん日銀に渡してください。
政府の財政再建がますます進みます。

まだまだ量的緩和を進めても影響はありません。
それよりも世界で協調した大規模財政出動が最も大事です。
混乱から生じた信用収縮で世界の総借金は大きく減っています。
政府が増やさなければ、このまま恐慌が起きるでしょう。

逆に量的緩和が限界付近と言われています。
年間80兆円もの買い入れ(政府の借金の踏み倒し)が行われれば、
民間の運用会社は困りますから。

今の状態は金利生活者の安楽死です。
資本主義の債務は定期的にリセットする必要があると考えています。
この解決手段として行われるのが戦争です。徹底的に需要超過にし供給力を破壊しつくすこと。
それがハイパーインフレの本質ですから。

レイダリオの70年サイクル論。
この解決手段が戦争から政府貨幣に変われば、ソフトランディングで解決できます。

緊縮財政は逆に遠因のハードランディングを起こします。
医療、介護、農業などの大事なサービスに勤める人が減少し、供給できない状態になるのですから。災害対策も怠っていると直下型地震などを起こし、財が供給できない状態になります。
民主党時代、ダム建設を削減して、川の氾濫をさせたこともありましたね。
これこそがハイパーインフレの原因となり得ます。

今後の金融緩和のやりようとしては、地方債の日銀買い入れ、財投債(政府が担保する民間貸付)のマイナス金利、マイナンバーを利用した日銀口座から庶民の口座へ直結型ヘリコプターマネー供給など。

いくらでも金融緩和の拡大手段はあります。

限界だと思ってここで金融緩和を止めれば、日本はまた失われた30年に戻ってしまいます。
とりあえず、目先、企業の負債を増やさなければ、いつまでたっても賃金が上がりません。
企業が財務レバレッジをかけることを強制するような法律(コンプライアンス規定として一定以上の財務レバレッジを義務付ける)なども必要でしょう。
特に無借金経営、有利子負債が少ない大企業など。
マイナス金利でも借りずに、内部留保蓄積に努める企業は、制裁として課税するべきです。

日本の円を世界は渇望しています。
そして負債にまみれたこの世界の中で、唯一政府貨幣発行によって健全な国に近づいていきます。
資本主義革命です。
信用貨幣機能を変えることが持続可能な資本主義へと変貌させます。



拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[04/23 MYI]
[04/19 かがわ]
[04/16 NONAME]
[04/15 MYI]
[03/27 レラオ]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]