忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

日経平均は13連騰ならず

どうってことはないですが、日経平均は13連騰はなりませんでした。

仮に上がる可能性と下がる可能性が1/2ずつあるとする(ランダムウォークする)とすると、
2の12乗で4,096分の1くらいの確率ですね(笑)

実際は上がる可能性の方が若干高いと思われますのでもう少し高いかと思いますが、
実に27年ぶりだそうです。

27年というとおよそ10,000日。
つまりは、12連騰する確率が1/4096だとすると、2倍以上ハマったということでしょう。(笑)

確率の2倍ハマリは、5,6回に1回程度起こるので確率上は大したことは無い。

日経平均はセルインメイ(5月は様子を見ろ)という言葉からは大きく外れ、上がり続けてむしろ機会損失をしてしまったということですね。

結局はそんな格言などに意味はありません

上がるときは上がるし、下がるときは下がる。

辰巳天井しかり、後付けでしかありません。

過去の結果を未来に結び付けるなど、市場の世界では全く意味は無いのです。

1回、2回と成功するとそれが正しいと思ってしまいますが、市場は常に変わるのです

完全なランダムウォークだとは思っていませんが、そこに法則性を見出せる人はごくわずかです。というか正確にわかる人とというのはいるのか。


もちろん近々来る上がる気配、下がる気配等をアクティブファンドは常に察知しなければなりません。
そんなことを常に予想できるファンドはごくわずかです。


私たち素人は売買回数を増やせば増やすほど、コスト分負ける可能性が高くなります

ですので、含み損を抱えようが、ポートフォリオを乖離しようが、売却というのはあまりしない方がいいのです。

よって自身の好みに合ったバランスファンド(ファンド内は非課税)があればそれを積み立てるのが一番効率的です。
私はまだまだいじりたいので個別ファンド中心に運用します。


次に日経平均が10連騰以上する日は私が生きている間に来るのか?

別に来ようが来まいが、愚直に積み立てるだけです。




拍手[3回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]
[07/08 MYI]
[07/08 AKI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]