忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

投資が危ないと教えた奴はだれか

投資は危ないギャンブルだ。

そういって数多くの国民は”ギャンブル”である投資()を控え、貯蓄にいそしんでいました。

そもそも投資はギャンブルという価値観を形成した根源は何でしょうか?

それはなんといっても、バブル期の不動産投機でしょう。

地価は上がり続ける。そんな現象が当たり前だった当時は自分のリスク許容度も省みず、レバレッジをかけてガンガンと投資しました。

そしてある日突然、地価の値上がりは急落します。

最後のババに当たった人たちは大変な借金を抱えます。

その腹いせに投資はギャンブルだと流布することとなります。

そういった幻想を全国民にうえつけ失われた20年の間、日本の株価は常に停滞することとなりました。

投機と投資は似て非なるものです。

こういったバブルの土地投機は、全ての投資が悪いと変換され、日本の株価も軒並み低下し
今だ日経平均はバブル後の最高値を更新することはありません。

地価の値上がりを期待するだけの投資はゼロサムゲームです。
土地投機は外部不経済を生み出し、公共投資に用いる土地等は高値となり、歪な配分で利益分配されました。


何年にもわたり、上がり続けた結果、それが儲けて当たり前の世界。
借金してまでの土地投機。

これを投資と呼んでいたのは私からすれば論外です。

今アベノミクスの影響でガンガンと株価が上がっています。
ギリシャショックをものともしない回復具合です。もっと調整が欲しかったところですね。

投資は自分だけではなく、全員で儲けなければなりません。

ですのでインデックス投資は普及したほうが良いのですけどね。

それでも危険危険と言って貯金だけに費やした方は将来どうなるか。

成熟しきった社会でインフレ以外に経済対策はありません。
実質成長率は0.数パーセントでしょう。物の値段だけが上がっていきます。

今せっかく貯めた1000万。将来の500万程度に目減りしているでしょう。
残念ながら。真っ当な経済対策をすると必ずインフレになります。
失われた20年が真っ当ではありませんでした。

投機は確かにギャンブルです。それを一緒くたに投資とくくられ日本人の多くは金融リテラシーを形成することもままならないまま、21世紀という新時代を歩んでいきます。

これを読んでいる皆さんは多かれ少なかれ真っ当な”投資”というのを行いましょう。

投機はあくまで自己責任の範囲でならいいですけどね。何事もほどほどなのです。

インデックス投資ほど、ほどほどという言葉が合う投資はありません。

なんせ平均しか狙わないのですから(笑)





拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[09/29 MYI]
[09/28 やっと]
[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]