忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

宝くじについて

私は宝くじというのを以前は購入していました。

宝くじは1枚200円~300円、大体10枚ずつばら売りか、連番かで購入できますね。

宝くじに数十万円。そんな方も世の中にはたくさんいます。

当たるならいいでしょう。
ですが、現実は10枚買おうが、1000枚買おうが当たりません。

私も最高3000円しか当たったことはありません。

宝くじ。

庶民にとっては、非課税で数億円がもらえる唯一のチャンスであると言えます。

ですが、宝くじ。

その期待収支はたった45%です。
3000円分購入すると1,350円程度戻ってくる計算です。
残りの1,750円は印刷費と公共事業に使われます。

要は税金なのです。購入段階で税率40%を超えます。
当選金自体には非課税かもしれませんが、多くの国民から夢という税金を取ります(笑)
全てのギャンブルで一番割に合わないマイナスサムゲームです。
また他のギャンブルと違い、介入要素が全くありません
よって購入者に必要なのは並大抵じゃないほどの運が必要です。

無論、たくさん買っていただける方には我々公務員としては感謝しなければなりません

私の自治体も宝くじ事業の補助金で購入した車両がいくつかあります。

言うならば、庶民の夢税とでもいえばいいのでしょうか(笑)

もしも買うなら10枚程度にするのがいいでしょう。
大抵高額当選なさる方は購入枚数は少ないですよ。

数億円手に入れるチャンス。確かに宝くじしか思いつきません。


投資で複利5%で30年運用した場合、1億円を達成するには実に月約12万ずつ積み立てる必要があります。
月12万も投資に回す余力がある人なんて今の時代限られた人々だけでしょう。
複利5%で運用すること自体とても難しいです。


宝くじを買うならIPOをやればいい。

マリーアントワネットの
パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない。



じゃありませんが、
少なくとも宝くじよりはよっぽど健全なギャンブル(投機)と言えるでしょう。


IPOなら数億円は無理でも、場合によっては1単元で50万程度は期待できる銘柄もあります。
待機資金が30万程度あればほとんどの銘柄が応募できます。

私はIPO投資を本格的にはやるつもりはありませんが、投資待機資金のSBIハイブリッド預金の運用の遊び部分としてチャレンジポイント狙いで参加しています。

別にはずれたらお金がかかるわけでもありません。
まぁ当選しても銘柄によっては損失をしないわけではないのでそこは自己責任の範囲とはなりますが、少なくとも庶民にとってはうれしい額が手に入る可能性があります。

宝くじ感覚でIPOを買えというつもりはありませんが、IPOは初心者向けの投資方法の一つではないでしょうか。

本格的にやるなら、一人一票制のSMBC日興証券や、マネックス証券等の口座を開設しましょう。

ただし銘柄選定は慎重にお願いします
景気にも左右されます。
言わずもがな投資は自己責任でお願いします。
(一度言ってみたかったセリフです(笑))


こそっとIPO報告

(株)マーケットエンタープライズ 外れ
デジタル・インフォメーション・テクノロジー(株) 外れ


株)中村超硬 BB
(株)エコノス BB

SBIチャレンジポイント8P



拍手[1回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]
[07/08 MYI]
[07/08 AKI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]