忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

共済貯金の運営報告が出ました。

わが市町村の加盟組合の共済貯金の運営報告が来ました。
具体的な金額は特定回避の為控えますが、組合員数1万人以上で
数百億以上の運営資金に対し
1.〇%という破格の利金を分配したうえで

当期利益剰余金が数億近くあり、繰越剰余金総額は100億以上と財務基盤は非常に安定していました。

取り敢えずは当分は万全でしょう。

投資先は定期と有価証券及びその他です。
その他については具体的には書いてはいないので分かりませんが、株式等の購入は禁じられていますので想像するしかありません(笑)組合員の融資等が含まれているのかもしれません。

長期金利は低下し、この高い利率はどこから生むのか。
確かに超長期国債等の有利な有価証券での運用があるのは分かりますが、それでも1.5%程度だと思っています。
定期預貯金で0.02%程度しかないことは予想できますし
20年債や短期流動債も含まれるとすると1.0%以上を維持するのは難しいのでは?

この高利率は今年も維持されますが、低下するのは目に見えています。
私が勤めている間はこの利率で頑張ってほしいです(笑)


共済貯金は毎月3万ずつ、賞与から7万、計50万、年間で積立を行っています。
仮に1.0%半年複利で30年間積立すると元本1500万に対し、税引き後利益は約200万ほどになります。

あれ、思ったより少ない(笑)

やっぱ複利とはいえ、1%程度ではまだまだですね。
単利と複利については皆さん周知だと思われますので割愛しますが、

複利は72の法則という、72から利率を割った年数で資産額が倍増します。

例えば、2%なら約36年、3%なら約24年、5%なら約16.6年、7.2%なら約10年など

しかも、単利とは違うのは、ここから4倍、8倍と倍々で増えていきます
仮に複利7.2%で30年運用できたら、資産額は初期元本の8倍にまで膨れ上がります
今の時代あり得ないですけど(笑)

よく広告で年10%で運用とかありますけど、それ単利ですよね(笑)
個人ブログでもよく見ます。複利換算だとそこまでたいしたことはない。
単利運用と複利運用。

どっちが合理的でしょうか。

投資信託の複利はマイナスにも作用します。毎月分配型の唯一のいいところはマイナスの複利が発生しにくいことですね。
マイナスの複利ほど怖いものはないです(笑)
計算するとがりがり削られるのが分かります。
ですのでリスクは抑えろというのはこういうことでもあります。
ブレが多いとマイナスの複利が発生し、リスクがリターンを蝕みます。


拍手[1回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

質問です

はじめまして。
よくわからいので、教えてください。
マイナスの複利って何ですか?
具体例で示していただければ感謝感謝なのですが。
  • from モトカー :
  • URL :
  • 2015/05/03 (15:27) :
  • Edit :
  • Res

Re:質問です

>はじめまして。
>よくわからいので、教えてください。
>マイナスの複利って何ですか?
>具体例で示していただければ感謝感謝なのですが。

>
今年新規ファンドAの基準価格10,000で購入したとすると
1%の下落で100下がります。

発売初期のヒフミプラス基準価格10,000で購入したとします。
その後4~5年間複利で増やし
今現在ヒフミプラスの基準価格は約25000程です。
これが1%下落するとすると250も評価額は下がります。

同じ1%の下落でも150も変わります。

基準価格は金額で変わるのではなく、パーセンテージで変わります。
これはインデックス投資信託でも同じです。

長期にわたる複利運用をし、元本が膨れた場合、たった1%の重みがプラスにもマイナスにも大きく作用します。

マイナスの複利は特にリタイア前の末期ほど気を付けなければなりません。
ですのでリスクの低い国債の組み入れ率は100-年齢といわれており
リスク低減に多くのインデックス投資家が採用しています。
(私は共済貯金がその代りです)

これでわかりましたか?
コメントありがとうございます。
  • from ニシ :
  • 2015/05/03 (15:56)

無題

付け加えると
-7.2%で複利運用したとすると
元本は約10年毎に半減します(笑)
こっちはむしろ単利-7.2%より減るスピードは遅いですね(笑)

100万→(10年後)→50万→(10年後)→25万

私の指す複利はこちらではありません。

そもそもインデックス投資は
マイナスリターンを永続的に繰り返す投資対象ではないとは思っています。
上がり下がりを繰り返しながら長期的には右肩上がりという前提で行うものです。
  • from ニシ :
  • 2015/05/03 (16:26) :
  • Edit :
  • Res

ありがとうございました

ありがとうございました。
  • from モトカー :
  • URL :
  • 2015/05/03 (19:16) :
  • Edit :
  • Res

カテゴリー

最新コメント

[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]
[07/08 MYI]
[07/08 AKI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]