忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

公社債等の特定口座対応について

みなさんMRFなどを利用していますか?

少なくとも証券口座を持っていれば自動的にMRFになるわけですが、平成28年1月1日時点で取得価額等が把握できる公社債に関しては全て特定口座に一元化されます。

今までは別々に管理され、損益通算も不可能でしたが、今後は可能となります。

もちろん個人向け国債もですね。

逆に言えば、今まで優遇されていた外貨MRFなどが非課税枠から外れるなどの不都合が生じる方もいらっしゃいます。



私たちにとってはどうでもいいのでしょうが、こと外債のゼロクーポン債を用いた戦略を取っている方にとってはその税制の穴を突いたような非課税戦略を取るということが無くなりますので今年度中の売却をおすすめします。

簡単に説明すると
ゼロクーポン債は利回りがゼロの代わり、債券価格が安く設定されているのですが、償還益には総合課税となるのに対し、途中売却であれば非課税となるよく分からない税制の穴があります。

同様に利付国債なども途中売却は非課税です。利息にはもちろん税金がかかりますが。

ですのでゼロクーポン債をラダー型(毎年一定額)に購入すれば、償還前の非課税売却をすることにより、事実上延々非課税で外債を購入することができました。

ですが、特定口座へ一本化されることとなり、
こういった戦略を取ることはできなくなりました。

この改正はいいことですね。

なんて理不尽な税制。


逆に警戒することと言えば、やはりマイナンバーによる金融課税一本化による総合課税の義務化でしょう。

金融商品の課税一本化をすることで税金はとりやすくなります。

利子所得などで生計を得ている場合、大幅増税となる可能性もあります。

某証券より、不同意書が送付され思い出しました。

いや、提出はしないですけど。


はじめてインデックス投資を始めた時、SBI証券の社債も合わせて購入したのですが、
なんで特定口座で一緒じゃないんだろってずっと思っていました。
こういった意味があったんですね。

ですので今後はゼロクーポン債を用いた外債戦略は非課税では取れません。




拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

総合課税化

こんにちは。金融所得が分離課税から総合課税になると、インパクトが高いですね。特に所得が高くて金融所得がある人や、金融所得のみでも非常に高額な所得のある人にとっては、実質増税ということでしょうか。いろいろと非課税の抜け道のあった金融課税がシンプルになることはいいことです。それを利用していた私にとっては残念なことですが・・・(苦笑)
  • from 眠る投資家 :
  • URL :
  • 2015/10/26 (11:37) :
  • Edit :
  • Res

Re:総合課税化

コメントありがとうございます。

まずはここからとり、賄いきれなければ資産課税の流れとなるでしょう。
格差是正という意味では現実的な方策です。
  • from ニシ :
  • 2015/10/26 (17:03)

カテゴリー

最新コメント

[12/17 MYI]
[12/16 ひろ]
[11/11 ひろ]
[11/07 通行人]
[09/29 MYI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]