忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

ブラック企業の日常4(同族経営2)

これで最後です。

さて、数々の洗礼を浴びた管理人。
同族経営の理事長は神様。もはや逆らうことはできません。

今度の配属先は?


関連記事

例のごとくフィクションを交えます。

現場に配属になりました。理事長のいうことは絶対です。
現場?なんの?

そう思った方もいらっしゃるかもしれません。



































やつを追う前に 言っておくっ! おれは今 ブラック企業の日常を ほんのちょっぴりだが 体験した

い…いや… 体験したというよりは まったく理解を えていたのだが……

あ…ありのまま今起こった事を 話すぜ!

「おれは 理事長の前で事務職の辞令をもらっていたと
思ったら いつのまにか介護職の辞令をもらっていた」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何をされたのか わからなかった… 

頭がどうにかなりそうだった… 入浴介助だとか食事介助だとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…





ポル〇レフ状態です。

そう。現場とは介護です。別に介護が嫌というわけではないのですが、ブラック介護というのは事務職員という餌で釣り、何か月か事務職を務めさせたのち、何かしらの理由をつけ介護の現場に送ります。
慢性的な人手不足の事業所だと、事務職募集は介護員募集のことを指します(笑)

これにて介護員となります。
なんと念願の社会保険も付きます!!


月給はなんと・・・


















手取り9万円(通勤手当なし)










職場は通勤距離40キロほど。月2万円はガソリン代で消えます。

そろそろ本気で生活保護を受けようか検討します。
いや、明らかに生活保護の方がもらっています。(笑)
まぁ社会保険が付いた分幾分まし?そんなことはありません。



介護の仕事自体は楽でしたよ。特養とか老健とか一番つらい部類の介護ではありましたが、
介護は仕事自体は楽なのです。仕事自体は。

排せつ介助、入浴介助、トランスファー(離床)、食事介助。
この辺の基本的なことができれば何も問題はありません。

介護がきついきついと言っている人は他の民間を務めた経験がないから言えるのでしょう(笑)

もちろん腰等には負担が来ます。
ですが、こんなに簡単でいいの?とは思っています。

要は何が問題か。
給与が低すぎて、まともな人間というのが非常に限られてきます
私がまともだというつもりはありませんが、この給与では優秀な人材はどんどん辞めていきます。
人間関係はドロドロに、例えばお局のねちょねちょした、いやらしい攻撃によって若くてかわいい子はどんどん辞めていきます(笑)

普通の人からどんどん辞めていきます。

私は根回しは得意(笑)なので人間関係のほころびが崩れることは無く何とかやっていけましたが、そういったことが苦手な方はどんどん追い詰められます。



人間。赤ん坊のような成長が期待できるものには一生懸命になれます。

ですが、介護を受けるような人はどんどん衰退していくのです。
まるで日本の未来を見るかのように。

人間。衰退する物に労力をかけることほど徒労に感じてしまいます

そして人の死をたくさん見る仕事です。
もう慣れましたけどね(笑)。



ですので、慣れるとお年寄りを物のように扱ってしまうこともあります。
わざとじゃないんです。人手が足りないんです。いちいちわがままに付き合ってあげる暇はないんです。
お風呂もベルトコンベア式です。ゆっくり浸からせてあげる暇はありません。
たった2,3時間で何十人もの人を入れなければならないのです。


更には、それこそ昔は堅気じゃないような人も入るわけです。
何度暴力を振るわれたか(笑)
いまだにかまれた歯形が残ってる(笑)

介護する側からすると下手な認知症よりは、寝たきりの方がマシだと言えるでしょう。
なぜなら、勝手に歩いて、どっかに出られて行方不明になることもありうるからです。
訴訟問題になり得ります。

まぁフィクションと思って聞いてください。あくまでフィクションです。


そんなこんなで、2~3年の間介護という職をやっていたのですが、たまたま見つけた地元の公務員募集を発見し応募して今に至ります。
夜勤中は時間を見つけ次第、公務員試験の勉強もしてました。


特に面白味がある内容ではありませんが、介護は割と私にあってましたよ。
給与は生活保護より低かったですけど(笑)
一応福祉課の配属を希望したのですが、今は全く異なる部署にいます。
いずれ福祉課に配属されることもあるでしょう。





拍手[1回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

お邪魔します。カトヒレです。

生々しい表現で、どこにフィクションがあるのかと思うくらい、スーッと入ってきました。
良記事ですね。

私も現場で仕事をしますが、自分の感覚ではなく、相手の感覚に合わせて話を聞くのが大切だと思います。若干ストレスですが、仕事なので仕方ありませんね。

まともな職場環境じゃなければ、まともな人も残らない。
どんどん労働環境が悪化するスパイラル。

ブラック企業ってホントにヤバそうですね。
  • from カトヒレ :
  • 2015/06/04 (11:35) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題


コメントありがとうございます。
もちろん私が知らないブラック企業の例もいっぱいあります。
もうこりごりなのですが(笑)

介護は別につらいとは思いませんでしたよ。
待遇が辛かっただけで(笑)
話盛ってたり、うろ覚えで書いているのでどこまでがフィクションかは
自分自身分かりません。
  • from ニシ :
  • 2015/06/04 (18:57)

カテゴリー

最新コメント

[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]
[07/08 MYI]
[07/08 AKI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]