忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

ブラック企業と優良企業は紙一重

私も散々こき使われたブラック企業。

今はようやく脱出し、比較的安定(低めにね(笑))した職種につくことができました。

果たして日本の企業のうちどれだけブラック企業と呼べるのでしょうか。
ブラック企業と優良企業は紙一重です。

その問題の根本には日本型雇用というのがあります。

日本型雇用とは基本的には大学卒業後等の新卒一括採用によって、会社の為に滅私奉公するように従業員を調教し、終身雇用や安定社会保障を約束する代わりに、どのような業務も行うように様々な部署に配属させるメンバーシップ型雇用と呼ばれています。

~~という職務で雇用をとるのではなく、企業の一員として雇用をとるという方式です。

簡単に言うとブラック企業は、日本型雇用のいい面である終身雇用や安定社会保障を取り除いた企業を指します。

高度経済成長など、日本の人口が拡大し、経済成長が見込める中での日本型雇用は日本のバブルまでの間従業員の身分保障と役職という権利を与え続け、年功序列によるポジション確保がうまく機能し、一時世界一の経済規模を誇るだけの成長を遂げました。

しかしながら、バブル崩壊後の失われた20年でその様相は大きく変わり、
所謂名ばかり管理職や、働かない中高年という日本独自の問題を引き起こすこととなります。
競争に負けた中高年はポジションもなくやる気もないままデスクに座っているだけで、若者の何倍物の給与を貰っている。そんな光景がごく当たり前となっています。

それで割を食うのが私たち若年層です。

大学卒業後の就職先というのが人生で最も重要なギャンブルです。
この選択で7割方人生が決まってしまいます。

ここで将来レールに乗るか、逸れるかでほぼ勝ち組負け組が確定してしまいます。

まぁ韓国等に比べれば、まだマシな感じではありますけどね。
サムスン、現代等財閥か公務員以外は人間扱いされないくらいの世界ですから。


ブラック企業は日本独自の滅私奉公精神を悪用し、その身分や雇用を保証しないまま従来型雇用を続け、使い捨て可能な雇用体系をとっているかという違いです。


ですので、ブラック企業と優良企業の根本は同じなのです。

今の問題はこういった雇用の流動性のなさから生じているのです。
日本では転職するたびに前の会社よりも様々な面で程度が低くなってしまいがちです。

ジョブ型雇用。こういう言葉をご存知でしょうか。

日本型雇用の逆であり、欧米諸国ではごく一般的な雇用制度です。

簡単に言うとコンビニのバイトが分かりやすいですね。

コンビニのバイトはレジや陳列、その他コンビニに関しての業務しかやりません。

ですが日本型雇用では現場から管理職、経理、営業、その他さまざまな業務をさせられる可能性があります。

ジョブ型雇用では雇用される立場からすると勤務先や働く時間、職務の限定等、企業にとっては解雇しやすいという面でメリットとなり雇用の流動性が生まれます。

終身雇用が崩壊し少子高齢化が進んだ現在、特に女性の働く場というのが重要であり、女性のフレキシブルな時間雇用というのが求められます。

ジョブ型雇用の導入は、子育て支援対策にもなりえます。

ブラック企業、優良企業というのは、メンバーシップ型雇用が当たり前だった時代の日本の基準から見たものです。

働くニーズの多様化は今後進みます。
日本に必要なのは雇用の流動性とそれを支える最低限のセイフティネットです。

そして、学卒後レールから外れた人材の救出というのが非常に蔑ろにされてしまいます。
レールから外れた私は何年間もの間非常に苦しみました。


今までのような新卒一括採用及び終身雇用で安定社会保障という働き方が正しいという時代は終わりつつあります。





拍手[1回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[09/29 MYI]
[09/28 やっと]
[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]