忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

総集編3

大体50回ごとにまとめています。

この50回はトヨタAA株式が気になり、インデックス投資の話は少なかったですね。

簡単な内容を整理したいと思います。ボーナス支給もありましたので惜しみなく公開しています(笑)

訪問数1位は

です。
こちらは相互リンク先ののぼりさんのブログ
まったり資産運用に紹介してもらったことによりアクセス数が伸びました。

その他、意外と検索流入も多く、同じように考えている公務員は案外いるのかもしれませんね。


拍手数1位は
この前の記事で実家にお金を入れる必要がないというタイトルで批判を食らったりしましたが、
基本は中高齢世代というのは定期6%時代を過ごし、お宝保険にも加入しているお金持ちです。
私たちはただ生活しているだけで、社会保険料という強制控除でアッパーマス、富裕層であるこういったお年寄りに還元しています。無理に入れる必要はありません。
ですので入れるのなら自分で資産運用に回した方がいいと考えています。
お金を入れるよりも、自分の為にも役に立てるため扶養控除を獲得し、更には親世代の国保等の負担を和らげるのであれば、こういった仕組みをガンガン使うべきだと言いたいです。


私の中の流行はトヨタAA型株式です。
いろいろ書きました(笑)


まぁ、発表直後はいろいろ期待していましたが、デメリットも見えてきたため普通のサラリーマンだと面倒なのでスルーした方がいいかと思います。
毎年確定申告が必要な一般口座での運用、しかも総合課税でしか申告できないので、住民税が通知され会社等にばれてしまいます。
それで会社に悪影響が出るというわけではありませんが、普通の企業に勤める方の資産運用は、特別口座の源泉徴収有りが一番だと思います。

しかしそんなデメリットを大きく上回るメリットがあります。
ぜひとも当選したいですね。

トヨタAA型株式の税制の仕組みについては

でまとめました。


公務員については
みんな人の明細が気になるのでしょうね。
別に人のを見たところで自分の手取りが上がるわけではありません。公務員のボーナスは月収を見るだけでどれだけもらっているかすぐ計算できます。



インデックス投資についてはあまり書いてないのかもしれません(笑)
むしろ、海外ETFやJDRについての方が詳しく書いたような気がします。



私は時価総額比というのが好きではありません。

この私の感覚的な直感を否定しているブログ、インデックス・ドライバーのRockyさんは実に理論的に問題提起してくれています。
なかなか難しい問題ですが、気になる方は読んでみましょう。
ごめんなさい。私は理解できません(笑)


その他

このあたりは、今まさにTPP加盟の時期が近づいているので早急に考えなければなりません。

過去の利益も分配原資にしているタコ足配当の毎月分配はどれだけあるのでしょうか。おそらくほぼすべてのファンドで行われているでしょう。

この中でこそっと書いた
2015年。ギリシャデフォルトで世界金融危機に陥る。
が起きようとしています(笑)
これを投稿して間もなくデフォルトだと騒がれているかもしれません。
もしかしたら私はジョン・タイ〇ー的な預言者になれるかもしれません。


他にもいろいろ書きました。


宜しければ巡回していただければと思います。

今後とも当ブログの方、よろしくお願いします。

管理人

ニシ




拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[04/23 MYI]
[04/19 かがわ]
[04/16 NONAME]
[04/15 MYI]
[03/27 レラオ]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]