忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

総集編1

総集編とかいうとアニメ等で進行が遅れたみたいですが
個人的に力を入れた記事はアクセス数がほしいもの(笑)
とりあえず(ボツ記事含めて)50回目として総集編とします。
100回までは毎日更新を目指します。

まだまだ誤字脱字が多いです。けど面倒なので直しません(笑)
直したところでまた見る方は少ないでしょう。文脈でとらえていただければと。

特に力を入れた記事(他を手抜きしたとかではありません(笑))というのを
適宜紹介できればなと思います。
コスパ最強の車は?2

こちらのシリーズは力を入れました(笑)需要は少ないですけど。
その内特にコンパクトカークラスに関しては、皆さんの参考になればと思い力を入れて作成しました。
管理人はなるべく中立な視点で捉えたとは思っていますが、スカイアクティブ戦略後のマツダびいきなところは正直あります。(笑)
ですが、車という付加価値産業は、燃費だけではなく総合力だと考えております。

もっと探せば、安い、燃費がいいような車もあったりはするかもしれません。
でも安さだけではないのです。

車は楽しみを与えてくれる、人生を充実させるために必要なものでありホントの意味でのコスパという点では、こういった車が売れれば日本の自動車産業も明るい未来が築けるでしょう。

インデックス投資家が未来を予測するという矛盾

常日頃から山崎元さんの記事や他のブログ等を見て思っていたことをようやく書けました。
未来なんか予測できないのに、誰かが勝手に作った期待リターンなどに何の意味もないことについて触れたかったのです。
なんとなく債券よりは株の方がリターンが高そうくらいしか予想することはできません。
わたしのインデックスを見ると、実際は新興国債券が過去20年のリターンでは最も高いです。シャープレシオもいい。だからと言って新興国債券に全力になることはできないですよね。
逆に日本株はリスクプレミアムが乗らないはずのコモディティ以下です。
ですので、どれが上がるかは神のみぞ知る。だからこそ分散が必要なのです。

庶民がetfを組み入れるか否か
ETF自体不要論(笑)

はい、結論として私は不要論です。
今の株高で購入すると投資信託の特別分配金にあたるものが配当される可能性が高いですが、ETFだとしっかり課税されます。
もちろん下落無く右肩上がりでは関係のない話なのですが、いずれは下落します。ランダムウォークすると仮定して一方通行はあり得ません。
何より管理が面倒です。よって不要です。


その他税金・保険等に関しても頑張りましたが誤りがあればご指摘ください。

※この辺は一般論+主観も入っていますのでどうすればいいか等は各々違います。

公務員については、試験方法等、共済貯金などについてを書きましたが今後は公務員の業務内容を守秘義務に反しない程度で、法律用語等交えながらの解説等もしたいと考えております。

今後も当稚拙ブログを閲覧してくださいますよう宜しくお願いします。


拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[05/12 MYI]
[05/01 立川 一]
[04/23 MYI]
[04/19 かがわ]
[04/16 NONAME]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]