忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

SIMフリーについて

ソフトバンクが今月末発売機種よりSIMロック解除可能機種が発売され、ドコモ、Auの各社揃ってが原則SIMロック解除機種を発売することとなりました。

次期アイフォンも対象です。

これによって、業界はようやく健全化の方向に向かうでしょう。

関連記事


私は4月に一度携帯を紛失しMNP制度を利用し現在はソフトバンクを利用しています。


MNPというのはナンバーポータビリティー制度と言って、電話番号をそのままで他社へ移行できる制度です。


これは、ライバル社から、自社への奪い合いを行うことで実質2回線契約と同義となるため
各社お得制度を設け、顧客の獲得にいそしんていました。

しかしながらこういった業界の不毛な争いも総務省に目を付けられます。
こういったキャッシュバックは徐々に影を潜めてきました。

しかしながら、探せばまだあるMNP一括0円
今後はおそらくなくなるでしょう。買い換えるならある意味今かもしれません。

特にIPhoneの顧客獲得は各社にとって非常に重要です。

今後は、SIMフリーになることから、携帯というのは原則一括0円等で買える時代は終わるでしょう。
IPhoneって本体代だけでも16Gでさえホントは7万近くします。

それが0円で買えていた時代がおかしかったのです。
いや、私も一括0円で買ったのだけれども(笑)

SIMフリー義務化によって、(ソフトバンク等は半年間くらいは制限がつけられますが)現行機をそのまま様々な会社を利用することが可能となります。

MVNOへ変更することもできるでしょう。

それと同時に今までおかしかった、一括0円や各種キャッシュバック特典は無くなるでしょう。
普通に買うとアイフォンは高いですよ(笑)円安でますます高くなりました。

この制度を知っている人だけが得をし、既存顧客には大きく負担となった時代も終わりようやく業界が健全に向かいます。

まだ各社違約金が高く、正直(制限付きの)SIMフリー化の意味があるのかは謎なところですが

今後はむしろ携帯本体代節約のためにIPhone等ではなく、他のソニーのエクスペリア等、日本製スマホがぶり返すのではと思います。


私はITunesに結構お金をかけたので今更アイフォン以外の他機種に移行したいとは思いませんが
慣れ親しんだAuにしたいとは思います。(只今後発売される機種を指すのであり、今使っている機種に関してはSIMロックは解除できないみたいです汗)




拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]