忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

節約について

総務省統計局の調査によると
家計支出は10か月以上連続で減少しています。
総務省統計局2015年二月家計調査報告より

実体経済では増税の影響により消費者マインドが冷え込んでいることが分かります。

私は節約が嫌いです(笑)

もっと細かく言うとちまちました節約が大嫌いです。

例えば、報告書を書くにしても裏紙を強要したり、たった1円10円のためにあちこちスーパーや小売店を駆け回ったりするタイプの節約です。


これらは木を見て森を見ない目先の利益に追われて、大局では全く節約になっていないどころか大損しているタイプです。

私が民間にいたころは、トップがこういう考え方だったので、適当な紙をコピーをし、裏紙を自分で作成するという笑い話もありました(笑)

今現在勤めている当自治体でも私が入る以前、ホントに予算に困窮していた時代は電話一本、コピー一枚でさえ上司の許可が必要で、その度に決済申請しなければならず、結果的に上司がその決済をしてくれないと連絡1本とることすら取ることができず、上司が泣きを見る形ですぐに廃止となったみたいです。

そこまでとはいわないものの、自分では節約しているつもりでもはたから見れば、大きな損失となっていることありませんか。

私の節約のモットーは生活レベルを落とさず(むしろなるべく向上させたまま)維持費を下げること


です。節約はダイエットに等しいです。無理なダイエットは必ずリバウンドします

維持費・固定費を削減することは無理がありません。1回変更するだけで長期的に(携帯等は2年に1回は見直しが必要ですが)効果を発揮します。

インデックス投資にも言えます。
特に海外ETFの信託報酬につられて買付手数料を払い、為替手数料を払い、確定申告して手に入れた外国税控除(しかも10%全て戻るわけではない)をやって、手動で再投資し、ようやくインデックスより0.1~0.2%のパフォーマンスが上がる程度です。しかも1%でも下方にかい離したらその抑えたパフォーマンスが全てパーになります。

だったらニッセイシリーズ等低コストファンドを用いて自動積立し、SBI証券でポイントもらった方がはるかに賢いですね。(ポイントがいつまで続くかは知りませんが)


節約志向で頭が凝り固まって却って損していませんか?


拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[11/11 ひろ]
[11/07 通行人]
[09/29 MYI]
[09/28 やっと]
[07/23 MYI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]