忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

実家にお金を入れる必要性は無い

完全に個人的主観ですが、
実家暮らし(パラサイト)である私は家にお金を入れていません。
もちろん、生活費の一部負担は行っていますが、金額を決めて入れてはおらず
かかったお金の一部を支払っている形です。

私は実家暮らしですが、お金を家に入れる必要性は無いと考えています。

なぜなら私の親世代は裕福だからです。

バブルも体感し、今ではそれなりの役職も持っています。

一般的な家庭ではそうなのでは?

金融資産の8割は50代以降が保有しているのです。

給与は十分頂いているはずので、わざわざ私たち世代が負担を行う必要性もありません。

あと数年で定年したら、私が生活費を支払うターンとはなりますが、今現在は十分な所得を持っているので私が負担を行う必要性はないと思っています。

一人暮らしで、親の為に送金をしている方も多数派だとは思いますが、そもそもその世代というのは基本的には裕福なのです。

母の日、父の日にプレゼントをするくらいで十分な親孝行になります。

むしろ、その送金が当たり前だと思い、自身が困窮した際、振込できない場合は
「なんで、今月入れないんだ!」
と罵声が飛ぶこととなります(笑)

無ければないで生活は余裕で可能なのです。

あるからこそ頼ってしまうのです。
それこそ年金訴訟も同様な結果が引き起こしたと言えるでしょう。
あるのが当たり前だと思ってしまうのです。

ゆえに、親孝行をお金でやろうとするのは私は否定します。



普通の親にとって生きているだけで親孝行なのです。

※複雑な家庭は除きます。

明石家さんまさんの娘のように生きているだけで丸儲けなわけです。


若年層は、失われた20年以降どんどん所得は減らされています。
公務員ですら手取りで20万いく方は20代だと過半数もいかないでしょう。
結婚して扶養手当や児童手当、残業手当をもらってようやくいくくらいなのです。

これからは、厚生年金一元化に伴い、負担額も大幅に増えます。
少ない手取りがますます減るわけです。

無理して親世代に入れる必要性はありません。
あるのが当たり前だと思ったら、それは間違えなのです(笑)

親世代は育ってきた前提が違います。
定年まで当たり前のように働くことも可能ですし、年功序列でどんどん昇進した世代です。
まぁ、リストラを経験した方も中にはいるかと思いますが、
普通に働いてきた方は基本的には右肩上がりなのです。


私たちの世代は右肩上がりの成長を望めません。
今後は公務員もいずれ年功序列は完全に崩れ、早期退職による健全化というのも行われるような時代となってくるでしょう。
民間に勤めているならなおさらの話です。
シャープは何とか立ち直ってもらいたいですね。


今は実家暮らしでお金も入れない畜生なやつなのかもしれませんが、そもそも給与が少ないのです。特に地方は生産性が少ない職種が多く、若年層を搾取して成り立っているのです。

更には増税に次ぐ増税で、単独では生活することが元々困難です。

ですがそれでも50代以降の世代は十分裕福なのです。
年金等福利厚生もきちんと受けられるのはこの世代までだと考えています。

我々の世代は自分のことは自分で何とかする世代です。
今の高齢者と同様の福利厚生を受けられると思ったら大間違いなのです。


この考えも身勝手だと思って聞いてくださって構いませんが、
もし親が認知症を抱えたり、その他介護が必要となった状況などの際に手助けする方が大事です。
介護施設に入れるリスクは、介護施設で働いていた私が一番知っています(笑)
経管栄養による寿命の延長などは一個人として許しがたい行為だと思っています。
(食事が口からとれないので、管で栄養を直接入れるのです。言葉で書くと簡単ですが、その模様は非常に痛ましいのです。そこまでして長生きさせる必要性はあるのか。)

お金ではなく、心なのです。

お金は十分あるのですから。




拍手[4回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

身勝手な考えですね
  • from NONAME :
  • 2015/06/09 (00:39) :
  • Edit :
  • Res

無題

収入を増やそうとも考えず、親のスネをかじってるとしか見えないバカみたいなブログですね。書いてて思いません?
  • from NONAME :
  • 2015/06/09 (00:41) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

身勝手だと思っていただき結構ですが、
公務員は行政効率化が進む限り延々と給与は上がりません。

親にお金を入れるという古い時代の考えであり、(やってる方は立派だと思いますが)
むしろどう贈与税、相続税を節約するかを考えた方が健全です。
親の所得をかんがみて入れる必要性は無いと判断しています。

仮に私が子供ができ、成人して働くことになったとしてもいらないというでしょう。

私は家全体の資産の移動をどうしたほうがいいかというレベルで考えています。

相続税は控除額も3,000万程度まで下がり、庶民にも影響する額までかかるようになりました。
これからますます控除額というのも減ってくるでしょう。
無論、マイナンバー制度で、全ての資産を捕捉される時代になりますので下手に家にお金を入れると、最終的に国にとられるだけです。
つまりは無意味な行為なわけです。家にお金を入れても貯金に回されるだけですから。

生活費は父が引退後は支払います。
父の年だと年金は63,4歳からではないと貰えないですので。それまでは父の収入は無いでしょう。

あなたは家にお金を入れるだけで、介護なんてするつもりはないでしょ?
そういったケアをする事の方が重要なわけですがね。
特に東京の介護施設受け入れ能力は、ほぼなくこれからどんどん問題が表面化してきます。

コメントありがとうございます。
  • from ニシ :
  • 2015/06/09 (07:02)

そんなにダメなことかな...?

私は片田舎で自営業しているアラフィフです。
私の身の回りにあなたのような生活をしている方、
少なからずいますよ。
一旦はアパート暮らしをし、
後に実家の近くに小屋をたて、生活は両親とほぼ一緒にするというのも一般的なパターンです。
私の同年代にも就職の為都会に引っ越し、そこそこ稼いでいるものの独身でいるアラフィフの友人は何人もいます。都会の女性はパートナーへの要求(年収、学歴、両親との同居か否か、見た目の良し悪しなど)が厳しくしんどいと。。

少子高齢化の今、将来筆者が(田舎?)で家族を持って頂くことこそとても大事なような気がしますね。
  • from カクタス :
  • 2015/06/17 (11:53) :
  • Edit :
  • Res

Re:そんなにダメなことかな...?

コメントありがとうございます。

良いか悪いかの判断は難しいところですが、マスコミの先導により都会の移住が進み続け、一極集中となっていきました。
よって地方は空洞化し、雇用もなくなりますます加速度を上げ流出が進みます。

私自身地元に留まることとなったのは内定切りによって就職困難になったからであり、別に大卒後普通にレールに乗っていれば都会に行っていたでしょう。

  • from ニシ :
  • 2015/06/18 (06:25)

カテゴリー

最新コメント

[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]
[07/08 MYI]
[07/08 AKI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]