忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

コスパ最強の車は?3(普通車について)

ええ、需要があるかないかと言ったらないと思います。(笑)
でもやりましょう。

前回は普通小型車についてお知らせしました。
今回は1クラス上にあたる普通車についてのコスパを考えたいと思います。

関連記事



そもそもコスパで選ぶなら普通車にする必要性は全くありませんね。(笑)
どうやっても燃費は下がりますし、自動車関連税も高くなります。自動車保険のクラスも変わるので維持費で考えれば過剰でしょう。(笑)

しかしながら、人間コスパだけでは選びません。やっぱりいいものがほしいのです。
更にはこのクラスならではの上級装備の安全性も高くなるので、予算と照らし合わせて決めましょう。

そこで、私の考える安くていい車を3車種紹介します。これも独断と偏見なのでホントにいいかはあなたが試乗して試してください。

① マツダアクセラ(1500CC)

http://www.mazda.co.jp/cars/axela/


CX-5以降のフルスカイアクティブ後のマツダは非常に勢いがあり、その第3弾として生まれたアクセラ。このアクセラは躍動的なフォルムで魅了し、1500㏄ならば価格が200万以下から買え、燃費もそこそこいいです。特にMC後のツーリングモデルでは前車追従型のクルーズコントロールも標準で付くようになり非常に装備が充実します。
1,500CCのモデルはパワーこそ足りませんが、エンジンフィールがよく小気味よく回りなぜかほかの上級モデルよりも乗り心地も上質です。
デミオ同様マツコネも入れ替え、ナビの性能も向上します。見かけよりも中が狭いことが難点の一つです。ハイブリッド及びディーゼルモデルもありますが、おススメはこちらになります。

☆5段階評価
価   格 ☆☆☆☆
広   さ ☆☆
燃   費 ☆☆☆
所有満足度 ☆☆☆☆☆
乗り心地  ☆☆☆☆
安全性能  ☆☆☆
コ ス パ ☆☆☆☆

② スバルインプレッサスポーツ(出来ればアイサイト付)
http://www.subaru.jp/impreza/sport/

スバルと言えば水平対向エンジンですね。それを生かしたAWDが特に豪雪地帯にすむ人にとって他社にはない雪上走行性能が非常に魅力となります。更には安全性能でトップクラスのアイサイトVer3。こちらは他車の追従型クルーズコントロールや自動ブレーキシステムの一回りも二回りも性能が上です。他車のははっきりと止まりませんが、この自動ブレーキはどの高級車よりも安定して止まれます。廉価の1.6Lにはアイサイトがつかないのが痛いところ。アイサイト付は2.0Lで若干値が張りますが価格以上の価値はあります。基本AWDなので燃費は悪いです。
値段を気にしなければこの上のクラスのレヴォーグ等もいい車ですが+100万以上も出して買うならこちらを買う方がいいでしょう。


☆5段階評価
価   格 ☆☆☆☆
広   さ ☆☆☆
燃   費 ☆☆
所有満足度 ☆☆☆☆
乗り心地  ☆☆☆
安全性能  ☆☆☆☆☆
コ ス パ ☆☆☆☆

③ トヨタマークX(2500CC)
http://toyota.jp/markx/

どうしてもクラウンの下と評価されがちなマークX。トヨタは車の車格ごとにはっきりと装備を分ける傾向にありますが、現行マークXはプラットフォームはクラウンと共通で比較的手ごろな価格で満足いく装備がついています。6気筒で静寂性も高いですが燃費はそれほどよくありません。人をよく乗せるのであればこのくらいの質感だと必要十分以上であるといえます。良くも悪くも無難な選択肢となりますが、上の二車種やコンパクトクラスよりも余裕のある走りがしたいのであればこちらを検討してみてはいかがでしょうか。


☆5段階評価
価   格 ☆☆☆☆
燃   費 ☆
広   さ ☆☆☆☆☆
所有満足度 ☆☆☆
乗り心地  ☆☆☆☆
安全性能  ☆☆☆
コ ス パ ☆☆☆




※ホントの意味でコスパが高い普通車はトヨタのプロボックスサクシードになりますが、あれは自家用車ではないので省きます(笑)
装備も乗り心地も価格も燃費も素晴らしいですが、個人が所有して乗るものではないです(笑)

続き
コスパ最強の車は?4

拍手[2回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]