忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

イノベーションについて

イノベーション。

耳に胼胝ができるようなほど聞かされる、公務員でもイノベーションしろと安易に騒がれたりしますが、そもそもイノベーションって何だろう。

投資をするうえでもイノベーションを起こす企業に投資をしてもいいのですが、
その際の注意点も出てきます。

直訳すれば技術革新といった言葉になりますが、イノベーションとは何なのか基礎知識を知りましょう。


イノベーションはJ.Aシュンペーターの経済発展論の中心論的な概念であり、経済成長の原動力となる革新する、刷新するなどの意味です。

言葉で書くと簡単ですが、実践するのは難しいという内容。

イノベーションには2種類あります。

・持続的イノベーション

・破壊的イノベーション

の二種類です。

持続的イノベーションは優良企業が顧客のニーズに応え、既存の技術を改良し、漸進的に技術が改良され持続していくイノベーションです。

対して、破壊的イノベーションは優良企業がスルーするような顧客(採算が合わない等)に対し、新しい価値を提供し、新たに市場創造をしていくことです。

破壊的イノベーションにも二種類あり
一つは新市場創出型、
もう一つはローエンド型。

どちらも脅威なのですが、特にローエンド型が大企業にとって非常に怖い。
性能的には劣っているが圧倒的低価格であることを武器に市場を席巻していきます。


そしてイノベーションのジレンマという現象が起きます。
長きにおいて日本の大企業が発展できなかった非常に重要な概念です。
ハーバード大学のクリステンセン教授が1997年に定義した巨大企業が新興企業に負けていく説明を理論化したものです。


イノベーションのジレンマとは、優良企業が長きにおいて持続的イノベーションを繰り返していくと、ある一定の改良ラインで顧客の満足度を超えた商品が市場に登場し、それ以後の改良は顧客は目を向けなくなります。
一方で、従来顧客以外の層には例えば安くてシンプルな商品の需要があるわけで、新興企業はそういった需要に目を向け、安かろう悪かろうの商品を提供します。
大企業はそういったローエンド型には見向きもせず、軽視します。
そして新興企業はシッカリとシェアを確保し、技術を蓄積していきます。いずれ新興企業の存在が無視できないほどの存在となり、既存の優良企業のシェアも奪い、その頃には新興企業はハイエンド市場にも参入できるような技術を蓄積し、いつの間にか優良企業は淘汰されてしまうといった現象が起きます。これがローエンド型破壊的イノベーション。


日本企業でいえば東芝、シャープなどの家電業界が最たるものでしょう。
ソニーも仲間入りしそうでしたが、PSVRで新市場創出型破壊的イノベーションを起こすなど完全復活しました。
日本企業は持続的イノベーションに注視しすぎて、無駄な機能を搭載させまくりました。
それがガラケーなどのガラパゴス化と揶揄される様々なものです。
決してイノベーションをしていないわけではなく、あくまで優良企業が既存技術を改良を続けた結果、顧客の満足度を超えた商品を出してしまったというだけ。
優良企業が経営者として、あるいは投資家として合理的な選択をした結果、淘汰されてしまいます。

今同様のことがサムスンでも起こるでしょう。
自らがローエンド型破壊的イノベーションによって日本企業を淘汰しましたが、今現在の持続的イノベーションによって新興企業に淘汰されるでしょう。
サムスンはイノベーションのスピードはぴか一です。リバースエンジニア力が強みです。そのスピードが仇となって今回のような爆発事件が起きてしまったのですが、それが無くとも中国の新興企業のスマホはもはや無視できない存在となっていますので、新興企業によるローエンド型破壊的イノベーションによっていずれ衰退が目に見えています。

アップルは商品自体に破壊的イノベーションは無かったのですが、マーケティングが破壊的でした。

任天堂の倒し方知っていますよ、といったソシャゲー企業もあります。
結局は倒すことはなかったのですが、当時の勢いはまさに無視できないほどの新市場創出型破壊的イノベーションを起こしていたのであり、リスクを冒してまで小さな市場参入する必要が無かったソーシャルゲーに対し、こういった巨大企業が参入せざるを得ない状況を作りました。
今ではほとんどのゲーム会社はソーシャルゲーに参入している状態です。
結果的にポケモンGOは社会現象を起こすまでに発展しましたので、任天堂は巨大企業でありながら当時の既存顧客を切ってライトユーザー向けに売り出したwii然り、破壊的イノベーションの創造力もあるわけです。

グーグルはこういった優良企業に陥りがちな持続的イノベーションのみを行うという枠にとらわれず、しっかりと定期的に破壊的イノベーションを起こせるような人材教育を行い、持続的イノベーションと破壊的イノベーションを定期的に繰り返します。

自動車業界でいえばマツダなんかはクリーンディーゼルによって破壊的イノベーションを起こし新たな市場創造し、完全復活した例ですね。

自動運転は無人タクシー等新たなニーズを掘り起こすので破壊的技術であり、自動ブレーキは私たち消費者にとって必ずしもいらない持続的技術。といった違い。

もしカローラのような無難な車を誰かが50万で売りだしたら、ローエンド型破壊的イノベーションが起きます。


学歴だけで取ると破壊的イノベーションが起きません。
賢い人ほど顧客のニーズを聞き、持続的イノベーションに注視しますのでいずれ積むのです。



投資戦略としては技術革新企業に投資したい場合は、持続的イノベーションを繰り返す企業よりも、破壊的イノベーションを起こす企業に投資していきましょう。


持続的イノベーションは工夫なしでは持続不可能です。
ジレンマが生じてしまいますから。

例えば、フィンテック業界などですね。
既存の金融システムをぶっ壊し新たな金融システムを再構築していけます。
金融機関の立場が危うくなる。

ローエンド型破壊的イノベーションならMVNO、電力自由化もいずれ無視できない規模に成長していくでしょう。

そして既存の立場が危うくなる。

どこが新市場創出型破壊的イノベーションを起こすか予想するのは難しいので技術革新群に投資するのは私はできないですが、破壊的イノベーション企業に時価が小さいうちに投資することが、最も投資成績はいいでしょう。
ローエンド型なら投資しやすい。私の投資先なら、しいて言うなら一蔵です。

ローエンド型破壊的イノベーションを起こしうる企業として、個人的に期待している企業はプラスワンマーケティングという未上場のベンチャー企業です。
自らがフリーテルという独自の格安シムフリースマホを販売、しかも日本製に拘った商品。
中国で作っていますが。
MVNOも行い、料金システムも格安の従量制と秀逸。
社長自身が既存の大手の殿様商売に嫌気がさしているため、気概も十分。
総務省の規制が追い風になるでしょう。
大手ほど合理的な選択をした結果、間違った方向に進みます。
2年縛りが終わったらこちらに変える予定です。
そのうち上場するでしょうから、株も安かったら買います。PER30倍くらいなら安い。

嘗てのユニクロ、ニトリもローエンド型破壊的イノベーションで市場を席巻しました。

なのでイノベーションなんて起こらない方が平和なのです。本来は。
持続的イノベーションは最終的に消費者が無駄なコストを払わなければいけなくなりますし、
破壊的イノベーションは大企業の淘汰、リストラが進みます。
行っていいイノベーションは新市場創出型だけですが、どの技術が破壊的になるかは事前に誰もわかりません。新市場創出型は必ずしもイノベーターが勝つ(後発に負ける)とは限りませんし、市場が今ない、若しくは小さいのでマーケティングできないのですから。

特にローエンド型破壊的イノベーションはデフレを促進するだけなのであり、企業と消費者と投資家は得をしますが、国全体では豊か(GDPが拡大)になるとは限りません。
なので全体の成長を願うインデックス投資と既得権益の破壊を行う破壊的イノベーションは相性が悪いです。


拍手[1回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[03/11 伊集院華丸]
[03/05 株太郎]
[02/09 NONAME]
[02/04 NONAME]
[01/26 投資素人]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]