忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

10/1時点での自動車保険は据え置き!その理由を考える

10月は値上げの時期です。
食料品等様々なものが値上げ、更にはマイナンバー制度。公務員は厚生年金一元化。
様々な節目の月ですね、公務員はインフレに弱いのです。
給与は上がらないでしょう。この先数年。

ところで毎年恒例ともいえる、自動車保険料率の各社の状況が発表されました。

今年は各社据え置き傾向です。一部値下げをしたところもあります。

ただし、あくまで全体の平均としてであり、私たち若年層の保険料は値上がり傾向です。
参考料率自体は6月に0.7%引き上げされています。

そんな自動車保険。収益が急速に回復しつつあります。
理由を独自で考えてみます。

※ あくまで管理人の予想です(笑)

関連記事

自動車保険について1(大まかな補償の解説)

自動車保険について2(車両保険について)



自動車保険の収益が急速に回復した理由。
それは事故比率が低まったからと言われていますが、そんなのは建前にすぎず

事故有係数の適用を開始したから

だと考えられます。

少子高齢化が進み、ますます高齢者事故自体は増えていると思われます。
そして若者の車離れ(という名の若者のお金離れ)も起こり若者自体の自動車保険加入率も減少しています。

そんな中で、収支が回復した理由を考えると史上稀なレベルの改悪である事故有係数という物を各社新たに設定したからであると考えるのが自然です。

事故有係数とは、通常事故を起こした場合、等級でいうと本来であれば3等級ダウンするだけで済むのですが、それに加え割高な保険料を3年間強制的に支払う必要があるのです。
事故有期間の割引率は30%程度下がり、支払額は3年間は1.5倍~2倍程度まで上がります。

そうすると、今まで気軽に使えた車両保険というのも使う必要性を見出せません。
額にして約20万以上かからなければ、元は取れない仕様です。

決して事故が減ったわけではありません。

保険をわざと使いにくくしたからこそ、
保険会社の支払いが少なくなったと考えることができます。

特に少額の車両保険の請求が減ったことが、収支改善につながったのでしょう。


ちなみに、
来年更新の私の保険は見直しをかけ、今年よりも5000円ほど高くなり、7万程度の見込みです。
不要な保険、重複保険は省きましたが、対物差額保障や弁護士特約などを付けたら逆に上がってしまいました(笑)

必要なところは厚く、無駄なところは省きましたがちょっとお高くなってしまいました。

それでも民間最安のSBI損保は信頼しています。
同様の補償で他社よりも安くしようがありません。
共済は細かい補償が厚くありませんし。

10/3追記 

今年の見積もりは断然チューリッヒが安かったです。
同条件で5万5千円だとさすがに変更します。やはり毎年見積もりを取らねばなりません。
最近改悪続きのSBIホールディングスに偏るのは私も嫌でしたから。
丁度いい機会です。

ただチューリッヒはネットの評判は最悪。
保険の信頼なんて担当者によって変わるのでどこがいいか悪いかなんて決めることはできませんがあまりに悪すぎるんですよね(笑)。

保険料から考えるとSBI損保かチューリッヒに二択です。
ソルベンジーマージン率はSBI損保(約400%)、
チューリッヒ(約600%)となっているので、むしろ安心できるのか?



脱線しましたが、

こんなシステムなので車両保険自体加入する意義を見出せません。
事故有係数というのは保険会社にしかメリットがない制度ですから。

ですが、無保険車の高齢者が多い地域にいるという事情を踏まえ
車両保険に私は加入しています。

無保険車ということは基本的にはお金もなく、万が一の事故時にも車両代は身銭を切るしかありませんから。私は一括で車を買えるほどの余裕資金はありません。
お金持ちになりたいですね(笑)
お金があれば車両保険なんて必要ありません。
矛盾しているようですが、お金持ちほどお金はかからないのです。

私は車両の減価償却分を無リスク資産として最低限確保し、
車両保険額はそれで賄えない分をかけるという形で対応しています。


等級プロテクトなんて言うものは過去の代物なのです。
仮に復活したとしてもモラルハザードを起こせば、すぐに改悪が待っています。

自動車保険の補償の選別は難しいです。
毎年変わるので、毎年見直す必要があります。
特に改悪時にはどう変更すべきかを頭に入れておきたいところですね。
少子高齢化、自動車不要論が続く限り、負担額も年々上がっていくでしょう。




拍手[1回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]
[07/08 MYI]
[07/08 AKI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]