忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

確定拠出年金の運用方法を想定する

確定拠出年金。

早ければ公務員(その他主婦や企業年金加入者)の場合2017年1月から開始されます。
私が加入する機関の候補は何度も言っている通りSBI証券が第一候補です。
そして公務員であればろうきん。
更には野村證券、J-PEC、りそな銀行などが今後の候補としては有力な選択肢です。
中高年であればスルガ銀行でもいいでしょう。

今の候補は上記です。
今後も個人型確定拠出年金対応者が増える以上、各社より良い商品を集めこれ以外の金融機関も選択肢となっていくでしょう。

そんな確定拠出年金の運用方法。
先進国を中心とした株式を用いる予定ですが、少しアレンジします。



確定拠出年金は期間中の売却益が非課税です。

これは非常に大きいです。

運用をフルに生かすことができます。

ですので、バイアンドホールドを貫くとは思っていません(笑)
あくまでコア資産はバイアンドホールドです。
私は純粋なインデックス投資家ではありません。投資方法の分散も必要なのです。
手間が少なく一定の効果が出ると期待できるバイアンドホールドはもちろん継続します。

私の中で、確定拠出年金の運用は確定拠出年金特別会計として別途に計上する予定です。

ただのバイアンドホールドでもいいのですが、私は今回の下落以降やはり各クラスの資産にはモメンタムがあるというのは感じ取れました。

強い下落下では全て下がるが
割高でも伸びるものは伸びるし、下落傾向にあるものはより下がる。
これが事実です。


ですので、せっかくの売却益非課税メリットはいかします。

確定拠出年金内では移動平均投資とします。

課税コストを払ってまでやる価値は無いとは思っています。
あくまで非課税だからこそできるのです。

移動平均が弱まった場合には国債や現金比率を上げ、強回った場合には海外株式100%とする。

移動平均投資とは相互リンク先の妻に内緒で投資信託で行っているレラティブストレングス投資の簡易版です。

http://hesokuri-funds.com/



効果としてはレラティブストレングス投資の方が上回る可能性は高いですが、全ての資産の移動平均を見て売買シグナルを見るのは、非常に面倒なので海外株式のみの移動平均に絞ります

私自身、初期はレラティブストレングス投資を行おうとして3か月で挫折しました(笑)
全資産の計算を毎月するのは非常に面倒なのです。

ちなみにレラティブストレングス投資はモメンタムの強い資産に集中投資するという方法です。

やり方はググれば出てくると思います。
ブログの無断転載は禁止されているのでリンクは張りません。

但し、少しアレンジし、
紹介されているただの移動平均投資は全てキャッシュとしていますが
現金比率は80%までとし、一定額は暴落時でも市場に居続けられるように設定します。
強いシグナルと弱いシグナルが出る可能性があるのでやってみなければわからないところです。
判断が微妙なラインはキャッシュ比率50%等にするかもしれません。

現状は海外株式のみとしますが、一応国内株式は考慮に入れた方がいいかもしれません。
為替リスクを背負っていないというメリットは大きいですから。

言うなれば、セルフボラティリティコントロールといった運用をしたいと考えています。
仮にトレードが失敗したとしても、全額控除分は浮くはずです(笑)

まだ先の話なので草案ですが
  1. 確定拠出年金口座は海外株式のコストが安い、尚且つ口座維持管理費の安い金融機関を設定する。
  2. 運用商品は海外株式、あるいは現金(国債等)で持つこととする。
  3. 12か月の移動平均をとり、BUYシグナル発生時は海外株式比率を100%とする。SELLシグナルが発生した場合はキャッシュ比率を上げる。但し現金は80%までとし、暴落時も一定額保有する。
  4. 判断が微妙なライン(±0.3%くらいか)はキャッシュ比率を50%とする。

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

お世話になっております。

ブログご紹介いただきありがとうございます。
すみません。今頃気づきました(汗)。

確定拠出年金の売却益非課税は、いろいろ工夫ができそうですよね。
多少面倒かもしれませんが、うまくいけばリターンを高められそうです。

ニシさんの方法も注目していきたいと思います。
といっても公務員の確定拠出年金、もう少し先になりそうですね・・・。
  • from シッピー :
  • URL :
  • 2015/09/13 (22:42) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

コメントありがとうございます。
頭をぐるぐる回していますが、いろいろ迷走しそうです。

レラティブストレングス投資は、移動平均の取り方は市原さん。
投資方法はモメンタム・ウォーカーを参照しているので
Tビル(米国の短期債券)に相当するものをどう捉えたらいいか分かりません(笑)


政策金利と単純に考えていいものか、無担保コールと捉えればいいか。

少なくとも米国利上げ開始後は一定(毎月)期間は上がり続け、
モメンタムが強い場合は利上げ後も株価は上げますが、
その後利上げ幅が一定化し、株価も若干停滞、
そこで株価が暴落すると金利が低下するというのが普通なので、関連があるとは思っていますが難しいところです。
  • from ニシ :
  • 2015/09/14 (17:33)

カテゴリー

最新コメント

[12/17 MYI]
[12/16 ひろ]
[11/11 ひろ]
[11/07 通行人]
[09/29 MYI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]