忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

医療保険について(TPP加盟と混合診療)

現在の医療保険とは簡単に言うと入院通院時にベッド代の差額支給等を行う保険です。
ここを読んでくださる中の皆様のほとんどは不要だという意見の方が多いかと思います。

私も現時点では全く必要性を感じない保険の一つだと考えておりますが
ただ一つ考慮に入れておかねばならないことがあります。

関連記事


それはTPP加盟及び混合診療解禁です。


TPP加盟による不都合というのはホントは農業崩壊なんかではありません。そんなにつぶしたいならとっくに潰しています。
私は安い輸入品が入ったからといって、日本製の食品を全く食べなくなるとは思えません。
国内食品を食べていた人が安いからといって賢い日本の消費者が急に輸入品しか食べなくなるとは思えません。いい食べものは高くても買います。日本の生産者が作った安心安全な食べ物という付加価値は大きいのです。

真の狙いは日本の巨大な金融・保険市場であり、米国もそれを承知でTPPを交渉しているわけです。
その中で、保険大好きな日本という国の民間医療保険参入というのはアメリカにとっては願ってもない魅力的な市場ですよね。

日本医師会
混合診療って何?より
http://www.med.or.jp/nichikara/kongouqa/

現行制度は保険がかからないものが一つでもあると、全てにかからないこととなりましたが
混合診療が解禁されると適用範囲外が混ざっても保険適応となります。


なんだ、今まで別々だと保険適応されてない部分でも保険適応されるの?
素晴らしいじゃんと思っている訳にはいきません。

これにより、世界最高レベルの国民皆保険制度である、日本の健康保険制度の使いやすさというものが大幅に劣化します。

特に今民間の医療保険に加入されている方。すぐ解約してください。
不安を煽られて加入させられた方も多いかと思います。
特に終身タイプはこの制度変更についていけるわけがありません。今ある医療保険は陳腐化し使い物にならなくなる可能性があります。


混合診療の問題点としては、
  • お金を持っていなければ、即時性が必要な治療に関しても受診を拒否されることもありうること。
  • 特に専門性がある医療に関して、公的医療の適応範囲が減り、私費診療となりお金持ちのみしか優遇が受けることができないこと。
  • こういった医療の治療費には、民間の医療保険が必須になるが、営利目的の医療保険だとアメリカのように医療保険の支払い拒否等もありうること。

など、今まで想定ができなかった事態がありうるわけです。
病院というのは今は大きく儲かるわけではないのです。
しかしながら、混合診療解禁すると営利目的での治療が横行するでしょう。
また、社会保障費増大を防ぐ為に、今後は公的医療の適応範囲も減らされることになるでしょう。
それは庶民の医療費の増大を意味し、運が悪ければ治療することすらできなくなることもあるわけです。

こういったことで、庶民は民間の医療保険に頼るほかなくなってきます。
まぁ治療費位いくらでも払えるわって方にとっては願ってもない改正でしょう(笑)。

要は医療格差が生まれるわけです。

庶民にとって高額な医療費など払うことはできません。
アメリカのように、盲腸手術に数百万かかるという事態にもなりうるわけです。

ですので、TPP加盟でこういった混合診療が解禁されることが一番の問題点なわけです。

そうなった場合での民間医療保険の加入というのは、防衛策として必須となります。

今ある医療保険はあくまで、入院時の差額ベッド代等、過剰な不安を煽って作られた粗悪な商品の一つです。

今後は混合診療に合わせた商品というのも作られるでしょう。
現状の終身医療保険など陳腐化して当たり前なのです。

それに伴い、民間医療保険も混合診療に合わせ、商品も大きく変更し適応範囲が拡大します。
つまりは(民間に支払う)保険料も莫大になる可能性が高いです。この治療は適応、これは不適応と選別され、保険が全額適応といったことも無くなります。

現状の自動車保険を見ていただければ、事故の対応というので会社や担当者によって対応が全く違うのが分かると思います。特に共済系は・・・(笑)

ですので、自身のリスクにあった医療保険の選別能力というのが必要になるでしょう。
今は不要な医療保険ですが、混合診療解禁に伴い将来的には見直す必要性は高いです。


保険の見直しは医療保険のみならず、適宜必要があります。
一社に拘るということはその会社の信用リスクを一生背負うということです。もし破たんしたらどうするの?
そんなことも考えず、安易に終身医療保険に入っている方。辞めましょう。
スカイマークやシャープですら経営危機に陥る時代です。そんなこと10年前には想像できたでしょうか?


もちろん、生命保険等には逆ザヤお宝保険というのもあります。安易に解約するのも辞めましょう。そもそも生命保険に貯蓄性を求めるのは私は否定しますけど(笑)
バブル以前の商品というのは何も知らない我々若年層を搾取して成立しているのです。
私は搾取されません(笑)


医療保険は制度改正とともに各社変更に合わせた商品の開発と競争が進むでしょう。

自身のリスクと支払い能力にあった医療保険。これを選別するのは案外難しいですよね。
いつガンになるか。いつ脳梗塞になるか。いつ心不全になるか。誰もわかりません。
公的医療の適応範囲。これも今後はどうなるか。誰も分かりません。
今後の民間の医療保険というのはその都度見直さなければなりません。
またそれに伴い保険会社の信用リスクというのも発生します。

必要な治療と不必要な治療。我々庶民はこれを正確に分け適切な医療保険の支払いを行っていけるように考える必要があります。




拍手[2回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[12/17 MYI]
[12/16 ひろ]
[11/11 ひろ]
[11/07 通行人]
[09/29 MYI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]