忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

マイナンバー制度について

今年の10月よりマイナンバー制度がいよいよ始まります。

10月より全国民に12ケタの番号を与え、来年1月には導入が開始されます。
上戸彩が宣伝しているやつですね。かわいい。

マイナンバー制度ってどんなの?って言われてもピンとはきません。

私も一公務員としてはマイナンバー制度を導入するのは賛成ですが、一投資家としては反対という何とも微妙な立場なのです(笑)

マイナンバー制度について考えてみます。

マイナンバー制度とは、一度指定されたら二度と変わらない、全ての住民に12ケタの番号が振り分けられる社会保障制度の事務の簡素化等を目的として作られた制度です。

今年の10月より、「通知カード」というものを全国民に配布します。
来年1月より各市町村に行くと「個人番号カード」というマイナンバーが記載されたカードを受け取ることができるようになります。
よって本格的に始まるのは平成28年1月からです。

最大のメリットとしては社会保障・税に関する行政手続きの簡素化です。

今までは、各種手続きにおいて様々な書類を提出する必要があったものがこのマイナンバーを用いればすべてを一元化できるため、行政事務の大幅な削減が見込めます。

例えば、私のように国民年金や厚生年金、共済年金等様々な年金加入履歴がある人は各事務所ごとに手続きをしなければなりません。

それぞれ別々に納入履歴等が管理されているからです。
その際いちいち所得証明や加入証明、その他各種証明をしなければ年金を受給することはできません。
これが、マイナンバー制度となると同一人物であると特定が容易になりますので、手続き書類がいろいろ省かれます。

社会保障や税以外にも災害復旧のための交付金等にも使われ、万が一地震や津波等で被害に遭った場合でもマイナンバーを用いることで復興手当のようなものが支払うことも可能です。

こういったことが、行政効率化につながり、各種人員削減や痒い所に手が届くような、きめ細やかな社会保障が可能となります。

行政目線からすると非常にありがたい制度なのですが、投資家目線からすると非常に怖いところがあります。

それは、マイナンバー制度を用いることで税収確保のための各種資産の把握も可能となることです。

今までは、源泉分離課税によって、給与所得とは別に分離されて課税されることになっておりましたので、その個人以外にはどの程度金融資産を持っているかは分かりません。

だがこのマイナンバー制度。ゆくゆくは銀行等金融機関にも適応範囲が広がると予想されます。
なぜならば、資産の把握は税務署からすると、脱税を防ぐ為にみすみす見逃せません。

例えば今までは暗黙の了解的に見逃されてきた

父親等、給与所得者の扶養に入っているのにもかかわらず
子供が大学生となり、上京等親元を離れ一人暮らしをする際、アルバイトをすることも考えられます。そこでアルバイトで働いた控除額上限を超えたとしても今までは管轄が異なっていたため見逃されていました。
マイナンバーでこういった扶養控除も、容易に外すことができるようになります。

また、結婚資金等は若年層だと捻出が困難だったりします。
そこで気を利かせた親や祖父母が一部負担をしてくれることもあります。今までは捕捉出来なかった身内間のお金のやり取りも贈与税として課税対象になるでしょう。


更には、資産の把握をされることでストックにも課税対象になる可能性が高いことです。

要は預金税(資産課税)の設立ですね。

今までは、銀行の預貯金利息、分配金や売却益に対してフローに関しての課税については行われていましたが、資産丸ごと把握されてしまえば、その内毎年何パーセントかの課税義務を課せば簡単に税収源とすることが可能です。

確定拠出年金の現在は凍結されている極悪制度の一つである、特別法人税のようなものが保有する全資産に適応される可能性も否定できないのです。


制度の導入自体は一公務員として非常に歓迎したいところなのですが、制度の拡大解釈(税収の為の資産把握等)によって不利益を被る可能性もあります。

導入まで半年を切りました。
果たして今後どうなるのかは運用後でなければわかりません。




拍手[1回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

色々感じたことですが・・・

年金手続が簡単になると国がアピールしても、実際は転職しなければ年金・社会保障手続自体が少ない。
私の年金支給は数十年先でリタイア暇人なので、1日かけて役所回りしたっていいw
予算かけてナンバーつけるより、社会制度は必修科目で中学から教えとけって感じです。

国債を買い支えているとか言われる個人預貯金が資産課税対象になったら、(税率によるけど)国債を支えなくなって国のお財布に入る?と国債価格下落???などと混乱します。

若くして巨額投資利益出るような人は、今後もうまく節税しそう。
とりとめなくてすみません。ほんと大きいテーマです。

制度変化に疎いと高齢者も大変ですね~


  • from ひかる~ :
  • 2015/06/16 (21:02) :
  • Edit :
  • Res

Re:色々感じたことですが・・・

マイナンバーとは管理を楽にするために導入されます。
行政効率化も進みますが、
税収確保の為各種金融機関との連携も進み、全員のストックというのが国に把握される時代となります。

年金漏洩が問題となっていますが、何も年金だけではなく様々な個人情報はサイバー攻撃によって日々狙われます。
たまたま運が悪かったとしか思えません。

マイナンバーを狙うサイバー攻撃も頻発するでしょうが、今後は白ハッカーという正義のハッカーがサイバー攻撃を日夜防いでくれます。
それでもいずれもれる可能性がないわけではありません。
効率化を進めるとともに、漏えいリスクというのも上がることでしょう。

お金や社会保障の話。これは授業では教えてくれません。
私が講師したいくらいですが、まだまだ不勉強です。
それでも私のブログを読んでいただければ、概要くらいは分かるかと思います。

コメントありがとうございます。
  • from ニシ :
  • 2015/06/17 (04:33)

カテゴリー

最新コメント

[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]
[07/08 MYI]
[07/08 AKI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]