忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

ジェネリック医薬品について

最近自身で日医工という株を買って、いろいろジェネリックについて調べました。
知識をスピンアウトしてフィードバックし、実体経済がより良い方向に進むよう考え、自分が実践することで反映していきます。

元々私は公務員という立場なのであり、肥大化する医療費削減のためにジェネリック医薬品を推進していかなければいけない立場です。

ただ安易にジェネリックを推進する風潮というのも問題なのであり、
しっかりと消費者の安全を最も考えたうえで分かりやすいような工夫が必要です。


ジェネリックも浸透しつつあり、もはや説明不要かと思いますが、
簡単に言えば特許切れの先発品と同様の成分を配合した後発品です。

ただジェネリックは主成分が一緒なだけであり、微量の添加物に大きく異なっている場合があります。この微量の添加物がアレルギー成分となり、ジェネリック特有の副作用となったり、効能が先発品よりも劣ってしまう可能性もあるなど、私たち消費者は必ずしもジェネリックを利用しようというわけにはいかないわけです。

後発品業界もいろいろと戦略があるとは思いますが、最も面倒なところは特許が多数あり、先発品と同様の効能を誇っているものだとしても、特許範囲を超えて処方することができないというややこしいところです。

例えば効能A(熱),B(のど),C(鼻)に効く薬Dがあるとすると、物質的特許と効能Aの特許(熱)は切れてはいるが、有効範囲はB(のど),C(鼻)の特許が切れていない場合、ジェネリックメーカーは全く同一の成分のものだとしても、有効範囲A(熱)までの処方しか許されず、特許範囲を超えて使った場合は先発メーカーに訴訟されてしまいます。

ホントは効果がある可能性の方が高いのですが、特許上使ってはいけないわけです。

たいしてオーソライズドジェネリックの場合は、先発メーカーの許しを得て(大体は資本提携か自身の子会社へ与える権利)同一工場、同一製造法で生成しているため、仮にB,Cの効能に対する特許が残っていたとしても、先発品と同様に処方ができ、B,Cに対する治療に対しての処方もできます。

私たち使う側の立場からしても、医療現場からしても、ややこしい事態に陥りにくいオーソライズドジェネリックのメリットが出ます。訴訟のせいで、今まで処方してもらっていたジェネリックが使えなくなったという事体が起きませんから安心して使うことができます。

ですので既存の後発品にオーソライズドジェネリックがある場合は、
特に強いこだわり等が無ければ、オーソライズドジェネリックを使うようにしましょう。

中身は唯一の先発品なのであり、効能も、副作用も長い実績が保証しています。



拍手[3回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[05/12 MYI]
[05/01 立川 一]
[04/23 MYI]
[04/19 かがわ]
[04/16 NONAME]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]