忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

この時期の働きすぎに注意!?

新採用の会社員及び職員等の方はご入社おめでとうございます。
(私たちの自治体だと1人も取りませんでしたけど(笑))

一般のサラリーマンだとこの時期の働き方によって収める厚生年金の額が決まるのをご存知ですか?

標準報酬月額という言葉を聞いたことがある社会人も多いとは思いますけど、これは
4月~6月までの給料の平均額を用いて毎年7月に決定し、9月から翌年8月まで支払う厚生年金の支払額を大雑把に決定するものとなります。

標準報酬月額は30段階に分かれており、報酬には通勤費及び残業代なども含まれます。

つまりこの時期に働きすぎると、厚生年金の負担額が上がり、手取りが減ります(笑)

ちなみに、ボーナスには関係なく、一定の保険料率をかけて徴収されます。ので毎月の手取りを増やすよりもボーナスを増やした方が同一の年収の場合、企業側からすると厚生年金の負担も減りますのでなかなか春闘によるブルが起きないわけです。
(今年はトヨタや日産等自動車関連はすごく頑張ってますけど)

もちろん負担増した分については、将来の年金支給額増に影響するわけですが、私たちインデックス投資家にとってはその負担増分を投資に回した方が運用効率が上がるわけで、この時期の働き方は非常に重要となります(笑)

この時期の残業は控え、ワークライフバランスの適正化を図ってみたらいかがですか?

※当自治体は残業手当は元々予算を組んでない(災害時用の緊急手当の予算はあります)ので残業しても手当は出ません

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]
[07/08 MYI]
[07/08 AKI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]