忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

最近はパフォーマンス報告中心です。 投資は自己責任で。

ふるさと納税第二弾。ちょっとした気づきがありました。

今年のふるさと納税2発目をおこないました。
普段食べることができない食料品狙い地域創生のための子育て支援として寄付しました。

今回ふるさと納税を行って初めて知ったのですが、これはお得感がさらに増します。


今回は大分県佐伯市に行いました。12,000円分です。

今年の合計22,000円、残り税額控除額約10,000円ほどはまた後日どこかの市町村の子育て支援のために寄付します。

ここはポイント制なのでお礼の品はまだですが、予定では鰻を注文する予定です。

今回のふるさと納税で気づいたこと。
それは、TPointでふるさと納税することができることです。

Tポイントは普段クレジット払いをしている人は勝手に増えます。
それ以外にもSBI証券の投信ポイントをTポイントに変更できますので、
投信積立と相性がいいです。

故に、ふるさと納税で事実上、お金を使わず納税を行うことが可能です。

Tポイントの使い道は悩まされます。
いつの間にか期限間近と言ったことも多数。

そういった場合のポイントの使い道としてふるさと納税を行えば、
自分の財布を痛ませずに節税することが可能です。

私は別にポイントの為に投信積立をやっているわけではありませんが、不可抗力としてポイントが発生し、それをTポイントに変換し、更には節税までできてしまうわけです。

二重のお得感があります。Tポイントがあれば、実質2000円の寄付すら必要ありません(笑)
錬金術と言うか、なんというか(笑)

これがいいことか悪いことかは一公務員としては分かりかねません。
税金をキャッシュレスで納めることができる時代だということです。
フィンテック革命がこういったところにもありますと良い意味で捉えましょう。

皆さんも、SBIポイントをTポイントに変え、ふるさと納税してみませんか?

※各税務署等によって見解はバラバラだそうですが、ポイントは雑所得ではなく割引というのが支持されている見解です。
ポイントを利用したら一時所得で、50万までは非課税と言った感じかな。

SBIポイントも信託報酬割引、Tポイントも利用者割引ですので確定申告をする必要はありません。ふるさと納税は5自治体までは確定申告しなくとも控除される特例制度があります。

自分の住んでいるところはどうなのか確認しておきましょう。


拍手[2回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

運用パフォーマンス

投資期間は2013年から2016年まではインデックス投資など投信で運用。

年間15~26%、10年で4~10倍の運用益を目指します。 上がりそうならなんでも買う雑食ですが、選定銘柄の中心は業績モメンタム系バリュー株。 低PEGレシオ、低PSR銘柄が好き。
運用KPI(重要業績評価指標)は含み益の絶対値です。


2013~2016年まで
(インデックス投資での運用)
未計測(ほぼ±0%)

2017年
68.5%
2018年(7月途中)
22.6%
計測開始来
106.7%(7月末)

カテゴリー

最新コメント

[08/10 若輩者]
[07/22 バンカー]
[06/06 はげ親父]
[05/26 通行人]
[05/23 若輩者]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]