忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

ニーサについて

2014年の一月よりスタートしたニーサ。

庶民にとっては野村證券のCMのせいで野村證券でしかできないような印象操作が行われているような気がします(笑)


現行制度であるニーサについてはいろいろ不満があります(笑)
非課税口座であるニーサは必要なのでしょうか。

ニーサ(NISA)はイギリス版イーサをまねて作られた少額非課税制度で、預金から投資へ促進するため、現行制度は5年間(ロールオーバーで最大10年間)は100万円まで非課税となります。

また、以前までの口座は開設して4年間は一度開設した口座を変更することができず、非常に不便でしたが、その後改正し1年ごとに開設する口座を変更することができました。

メリットとしてはやはり非課税だということ。
確定拠出年金以外では売却譲渡益、及び分配金課税等、非課税の恩恵を受けられるのは強いです。

デメリットとしてはたくさんあります(笑)

一つは有期の非課税期間であること。これは長期投資家にとっては非常に深刻な問題です。
長期投資を促す目的で作られたニーサのはずがたった5年間しか非課税期間がありません。

二つ目は損益通算が他口座とすることができないこと。これは、ニーサ内と同一証券の特定口座とでも同じです。

三つ目は非課税期間中に商品が値下がりした場合、非課税期間終了後に元の価格に戻った場合
例えば10,000の基準価格で購入したものが5年後9,000まで下がり、特定口座に戻します。
その後10,000まで基準価格が戻ったとすると9,000→10,000まで戻った1,000の分には課税されます。あれ、非課税口座を利用するはずが逆に損してる(笑)

四つ目は売却等した場合非課税枠の再利用ができないこと。これはリバランスをする際には注意しなければならない点です。私はリバランスをするつもりがない(笑)のであまりデメリットではないですが。

等大まかにはこういった課題があります。

それでは、個人投資家がニーサを利用すべきなのでしょうか。
私は利用する方が賢いと考えます。

現行制度は日々改正の方向に向かい、非課税枠の増加も来年には法案が通る見込みです。
最大の弱点の有期の非課税期間についても10年間の間での法改正が進み恒久化もあり得るだろうと考えています。無ければないで仕方ないですが。

何より、ネット証券のニーサ顧客獲得キャンペーンがおいしいです。
各社によって異なりますが、ほとんどのネット証券では現金でのキャッシュバックがあります。
楽天証券やSBI証券では、海外ETFをはじめとする国内外株式買付手数料がニーサ内は無料です。
(来年はまた変更の可能性はありますので今のところはです)

これらは、非課税期間終了後の特定口座にそのまま突っ込めるので特定口座対応が遅れているSBI証券(今年中に対応)でも気軽に買うことができます。

私は一応アイシェアーズフロンティアETFを少額購入していますが、このキャンペーンが無ければ間違いなく購入することはなかったでしょう(笑)。

モッティー様はこれを利用して手動にて海外ETFを積み立てるというかなり無茶(笑)なことをするようですが、やはり買付手数料無料とETFは相性が良いでしょう。

非課税枠消化による特典もあります。昨年のSBI証券には消化枠に応じての特典抽選が行われていました。この制度はおまけ程度ですので詳しくは省きます。

つまり、ニーサは非課税というメリットよりもその口座獲得を狙った各証券のキャンペーンがおいしいということです(笑)

その非課税期間中に恒久化等更なる改正を祈り、私はニーサでの積立を継続していきます。


拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]
[07/08 MYI]
[07/08 AKI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]