忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

カテゴリー「投資信託 その他」の記事一覧

ひとくふう先進国株について

またまたメインファンドの登場です。

ひとくふうばっか優遇して記事を書いている気がしますが、そんなもんです(笑)

いいものはいいといいましょう。

先に新興国株が来たときはものすごくがっかり感がある内容(ファンズオブETFでごちゃまぜの単なるラップファンドに過ぎない)でしたが、今回の先進国株は期待できます。

今現在のメインはたわらプラス高配当低ボラファンドでしたが、
今回の新規設定でメインファンドの変更です。

大和証券より新ファンド募集・設定のお知らせ

http://www.daiwasbi.co.jp/news/detail/76/

拍手[0回]

・・・つづきはこちら

ひとくふう新興国株の設定について

EDINETより、新たな投信が追加されることが公表されました。

ひとくふうシリーズに新たな仲間が加わります。
その名も、ひとくふう新興国株。
期待できそうなファンドの設定です。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

ひとくふう日本株とたわらplus日本株高配当最小分散を比較

私が日本株投資信託の主力に据えるにあたり構成銘柄、コストは最重視します。
日本株はスマートベータがインデックスよりも効果的だろうとは思っています。

その中でも、低ボラ、最小分散戦略を取っている低コストファンド。
出来れば均等配分に近く、高配当であること。

最終的にスマートベータを選定するにあたり、ひとくふう日本株かたわら日本株高配当最小分散の二種どちらに据えるべきか考え、コスト優位性からひとくふう日本株を選定しました。

この二つは良いライバル関係になるでしょう(笑)

設定当初は構成銘柄さえ分からないまま買っていましたが、月報が出て構成銘柄を把握することができるようになりました。
少し比較してみましょう。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

アクティブファンドは販売会社の取り分が多いのでは?

最近気になるアクティブファンドがあります。

それはブラックロック インパクト株式ファンド(愛称 ビッグインパクト)

というファンドです。

https://www.blackrock.com/jp/products/279237/

インパクト投資とは聞きなれない言葉ですが、ざっくり言うと社会的衝撃(例えば男女の雇用機会や社会福祉に多大な影響)を与えたものに投資と言ったものです。

このファンドのポテンシャルは高そうですが、
まだまだ設定されたばかりでどのような結果になるかは分かりません。
信託報酬は1%を切っており、
アクティブファンドにしては低コストファンドだと言えるでしょう。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

保有銘柄一覧(2015年9月現在)

私は積立ファンドを適宜変更を加えています。
コスト優先主義で機動的に変更すると決めているからです。

信託報酬を一番とし、余りに実質コストが高いファンドは多少信託報酬が高くとも変更などはしています。

多少全対象ファンドよりもコストが高いものもありますが、基本的には実質コストを含め最安コストを追求しています。

※もちろんコストだけで選んでいるファンドのみではありません。一部アクティブ運用的なものも混ざっています。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

いいアクティブファンド発見。JA海外株式ファンド

私はコストが高いので検討に値はしませんが、長期間においてMSCIコクサイのベンチマークを上回る成績を残し、且つリスクも低く優秀な成績を残しているファンドを発見しました。

それがJA海外株式ファンドというファンドです。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

ヒフミ投信。キャッシュ比率を上昇させリスク低減成功

ヒフミ投信。
私もコア資産の一部としてヒフミプラスを組み入れているのですが、今回の暴落を予想ししっかりとキャッシュ比率を上げていました。

私がアクティブファンドに期待するのはTOPIX等の平均越えの成績よりも、暴落を予想しボラティリティを下げることができるかという点の方に期待しています。

今回は事前にキャッシュ比率を15%程度上げ、しっかりとリスク低減を行っています。




拍手[1回]

・・・つづきはこちら

Jリートと地方創生

東証Jリート指数。
その構成銘柄の多くは首都圏で75%、その内60%ほどは東京23区内という銘柄構成がなされています。
残りは近畿が14%程、中部が4%、他各種と言った感じです。


地方の地価は基本的には右肩下がりで下落します。

地方創生が叫ばれていますが、一極集中は今後何十年にもわたり継続されていくでしょう。

拍手[1回]

・・・つづきはこちら

ブルベアファンドについて

最近日経に連動するブルベアファンドが流行っています。

短期の投機家からすると、レバレッジが効いているこういったファンドの方が収益が上げやすいみたいです。

仮に長期投資前提でブルベアファンドを用いた場合どういったデメリットが出てくるのか検証します。

拍手[0回]

・・・つづきはこちら

SBI証券がまたまた投信積立キャンペーン

早くも2回目です。

対象期間は6/19~7/31まで。

こういったキャンペーンはうれしいのですが、余力がきつい(笑)

今回の対象ファンドは前回とはまた異なります。

関連記事

SBI証券が投信積立キャンペーン

拍手[0回]

・・・つづきはこちら

カテゴリー

最新コメント

[12/16 ひろ]
[11/11 ひろ]
[11/07 通行人]
[09/29 MYI]
[09/28 やっと]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]