忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

薄給公務員の給与明細

今月の薄給公務員の給与明細です。

今月とはいっても、毎月変わり映えがしないので公開は今回限りかと思います(笑)
2年目の給与です。私は3年分ほどの前歴加算がされての金額となります。
おそらく後4~5年は役職級が上がらないので、毎年5,000円くらいずつの昇給でしょう。これも人事院の賃金カーブにて抑制されます。



総支給から共済短期、長期(これが民間の社会保険、厚生年金の代わりになります)

住民税と所得税が引かれます。

また組合員費として3000円程度強制です。

この時点での実質の手取りは15万ほどです。
他の手当はつきません。
都市部職員や国家公務員なら、これに地域手当等が付きます。それも1~2万ほどです。

これに、財形貯蓄が2,000円(定年か辞職するまで基本下ろせないので実質30年以上下ろせない天引き貯金です(笑))
個人年金2,000円(これもお付き合いみたいな感じでほぼ強制です)

プラス共済貯金30,000円が給与明細で引かれます。


私の部署は残業はあまりないのが幸いです。休日出勤はあります(笑)
他の部署だと残業もありますが、賃金には反映されません。その分を代休という形で取らせています。
(実際残業分の代休をとれているかは怪しいですしそもそも労基的にry)

 
これで公務員は優遇されているといえるのでしょうか。
共済貯金の天引きがありますので、一概には言えませんが手取りだけで見ると単身生活保護の支給額かと勘違いするレベルです(笑)
定年再雇用の方(週3回ほど勤務)の方が実質手取り額が多いと聞いてがっくりしました(笑)

これで、賃金が平均2%減少し、厚生年金一元化に伴い、控除額も増えます。よって実質3~4%は現役の40~50代よりも少なくなることが予想できます。

公務員が高給だといわれているのは今現在の管理職以上であり、私たち平職員は一段と給与削減され今の水準では決してもらえず、搾取され続けます。

公務員だけでなく、これは民間にも言えることで氷河期以降に大企業等以外に就職した若者のほとんどは負け組であり、これからも搾取されていくでしょう。

公務員にも様々あり、予算に余裕があれば残業代全額支給もありますでしょうし、有給完全消化も可能です。

ただ予算に余裕のない自治体は中小企業と変わりません。むしろ低いかもしれません。

公務員を目指している方は私みたいに近場で妥協せず、しっかりと財務基盤が安定している自治体へ入ることをおすすめします。(笑)

拍手[7回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

共済貯金が痛いですね^^;

私が勤務していた自治体では共済貯金ってありませんでした。強制でなければ、解約したいところですね~。今年10月に年金一元化がありますが、公務員でも個人型確定拠出年金に加入できるようになるので、共済貯金が解約できれば拠出上限の13,000円まで拠出して、確定申告で小規模共済等掛金控除(個人DC掛金額が全額控除対象)を受けて税金取り戻したいところですね。給与が増えない分、税金を如何に取り戻すかが知恵の搾りどころです(笑)
  • from 眠る投資家 :
  • 2015/08/20 (20:44) :
  • Edit :
  • Res

Re:共済貯金が痛いですね^^;


共済貯金は痛くないですよ。進んで貯金しているのです。強制でもありません。

私の生活防衛資金であり、無リスク資産の要の資産です。
流動性の悪さだけがネックなだけです。

それも個人向け国債に比べると遥かに流動性は高いです。

これとは別の、付き合いのろうきんの財形が余計ですが(笑)
サマー増額キャンペーンで積立額アップです。毎年ボーナス時期は狙われてしまいます。
そして基本は定年まで下ろせない。最低なシステムです。

利率1.●%と市中銀行を遥かに上回っているので共済貯金以外あえて使うメリットはありません。これに対抗できるものは現状、西京銀行の10年定期くらいです。
これを使わない公務員は経済音痴なだけです(笑)

コメントありがとうございます。
  • from ニシ :
  • 2015/08/20 (21:04)

共済貯金ばんざい

来年3月で定年退職予定の地方公務員です。退職金は
2000万円に届かないようです。しかーし共済貯金と
いう強い味方のおかげで、トータル8500万円くらいで
隠居生活に突入できそうです。最大のピンチは、あのリーマンショックでした。その2年くらい前から4500万円くらいを共済貯金から投資にまわし、毎月分配型投信を
買いあさり、一時いい感じに、増えました。ところが、
2008年秋のあの日からどんどん目減りして、2700万円くらいまで落ちました。妻に悟らえないようにするのに苦労しました。結局その時、やけになり、ようーく下がったトヨタ 日産 パナソニック ソニー などに、少しずつ乗り換え、アベノミクスのおかげで、少しプラスした
ところで、共済貯金に戻しました。ヤレヤレ売りです。
そのままにしておいた方がよかったです。しかしいい勉強には、なりました。是非共済貯金つづけて公務員生活を
がんばってください。
  • from もうすぐリタイア :
  • 2015/08/22 (16:36) :
  • Edit :
  • Res

Re:共済貯金ばんざい

コメントありがとうございます。

長い間の公務お疲れさまでした。

資産額が大きくなるまではいろいろ試行錯誤(今はIPO投資を中心に)しています。
その中で、インデックス投資と共済貯金はコア資産として活躍させています。長期資産形成していく上では共済貯金は強い味方です。

リストラリスクは極めて低いので、リスクも背負えますので投資で多少失敗しても構いません。

但し、今後の公務員のリストラは確実に増加します。

職員の若返りが必須ですから。
  • from ニシ :
  • 2015/08/22 (18:48)

共済貯金の存在を知ってればなぁ

私が入庁したとき、人事課や組合からも、そういう情報がなかったですねぇ。給与明細の項目にも存在してませんでした。もうすぐリタイアさん、ご苦労様でした。65歳までは再任用なのでしょうか?それだけ一時金が入れば、公的年金の繰り下げ支給も一考ですね。一か月繰り越すごとに、0.7%支給額が増えるので、70歳まで繰り下げると42%支給額が増えますよ~
  • from 眠る投資家 :
  • URL :
  • 2015/08/23 (15:18) :
  • Edit :
  • Res

Re:共済貯金の存在を知ってればなぁ

多くの自治体では共済貯金が存在しますが
無い組合もあります。
  • from ニシ :
  • 2015/08/23 (18:29)

公務員の確定拠出年金について

興味深く拝見しました。うちのところでは話すら上がっていないですが、公務員の確定拠出年金は可能なんですか?
  • from こういち :
  • 2015/12/30 (09:43) :
  • Edit :
  • Res

Re:公務員の確定拠出年金について

コメントありがとうございます。

平成27年税制改革大綱にて、確定拠出年金対応者が拡大し、その中で公務員も含まれます(他3号年金者や、企業年金加入者など)
まだ先ですが来年20171月より開始予定です。
  • from ニシ :
  • 2016/01/06 (17:34)

限度額が…

大変参考になります。それにしても拠出できるのは年間14万ちょっとですね。もちろん全力で利用したいですが、少ないのでSBIの手数料が無料になるまで時間がかかるのが不満です。もっと限度額を上げて欲しいですね。
  • from たかこ :
  • 2016/01/15 (22:21) :
  • Edit :
  • Res

Re:限度額が…

コメントありがとうございます。

そうですね。
一応今後の確定拠出年金は月々の拠出ではなく、一括投資ができる見込みですので、
もしSBI証券での口座設定されるのであれば、

来年末に作れば口座維持費はいくらかは節約できると考えています。
取り敢えず口座維持費節約の為、管理資産額50万を目指しましょう。

仮に14万4千円年間拠出できるとすると

2017年年末12月に一括、
2018年は好きな時期、
2019年は年初1月で投資

3年間で49万2千円+含み益8千円

が目安でしょう。

管理資産額はおそらく時価総額で決まるので、
早ければ2年1~2か月程度で管理費が節約できます。

と言った感じでしょうか。

含み益ができれば口座維持費も節約できますね。
あくまで景気が回復すれば、の話ですが。

原油安や中国景気減速で景気がここ2~3年間どうなるか推測するのは難しいですが
確定拠出年金投資の当面の目安にはなるのではないでしょうか。
  • from ニシ :
  • 2016/01/16 (06:52)

無題

コメント重複になっていたらごめんなさい。
財形貯蓄とか個人年金ってほぼ強制なんですか?断ることが出来ないような
団体生命保険はほぼ強制とは聞きますけど
  • from 七紙 :
  • 2016/04/09 (21:16) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

コメントありがとうございます。
そういった財形等は、強制ではありませんが、加入圧力がかかります。
同調圧力のようなものです。
組合活動費の一部みたいなものと理解していただければと思います。
  • from ニシ :
  • 2016/04/27 (04:53)

カテゴリー

最新コメント

[05/12 MYI]
[05/01 立川 一]
[04/23 MYI]
[04/19 かがわ]
[04/16 NONAME]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]