忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

公務員のリストラについて考える

リストラ。

これ自体は悪いことではありません。
高齢化した組織の活性化を図るためには不可欠だからです。

公務員のリストラは無い。

今まではこうだったかもしれません。

現実問題として、私たち公務員は真剣に定年まで安定して勤めていけるかと言ったら今後はあり得ません。

大学生など真剣に公務員を目指している方ほど、分かってほしいのですが
現実はそんなに甘くは無いのです。



私たちは毎年のように中高年を中心に退職勧奨を行っています。
もちろん強制ではありませんが。

ここ数年は公務員に対しての風当たりも悪く、採用抑制で若年層の締め付けが行われてきました。民主党時代は特に採用数が少なかったですね。

それでいて、復興財源などを確保するために大幅に給与や手当がカットされます。それで公務員に見切りをつけて退職された方も多数いるでしょう。

シャープでは過去に人員整理による雇用調整は行わない方向で今までは来れました。
しかしながらその債務は膨張し、今のありさまになりました。
そして遂に早期退職による人員整理を行いました。

公務員もまた同様のことが今後起きるでしょう。

現実問題として、リストラができない以上中高年が多すぎるわけです。


例えば今では千葉市職員が勤務実績を理由に解雇される事例もあります。

http://matome.naver.jp/odai/2136572428407299801


こういった勤務実績を理由としたことで解雇されるのは今までは異例(これもおかしな話ですが(笑))でしたが、こういった先例は今後どの市区町村職員、及び他の地方公務員、国家公務員でも解雇事由としてあり得ることとなります。
こういった職員は今後淘汰されていくこととなるでしょう。

更には今後これが拡大解釈されることにより、分限免職処分(事実上のリストラ)というのが成立します。

リストラをさせたい職員を罠にはめるなどですね。

本人は悪くは無いのに、罠にはめるのは民間ではよくありますね。
私も民間で痛いほど経験しました。
そこに勤務した実績さえなくなっています(笑)
世の中には人の足を引っ張りたがる人はたくさんいます。


”いい人”ほどこういった罠による分限免職処分は注意しなければなりません。
なぜならあなたが”いい人”だからこそ解雇のターゲットにされるのです。
ホントに辞めてほしい人は神経がなかなか図太いのです(笑)上手に居座ります。

それ以外にも道州制の導入が検討されています。

そうなった場合、あなたの道州ではリストラが可能な政令が制定されることもあるでしょう。

道州制はその州自体が一つの国のようになります。ですので法律も自由に制定できるようになるでしょう。今後数十年先の未来はまだ分かりませんが道州制の導入もあり得ます。



公務員が安定。そう思っていた方もいらっしゃるかもしれません。
今は安定しているかもしれませんが、もっと長期で考えてみたら安定した職などこの世にないことが分かります。

今の時代、働くこと自体が割の悪いギャンブルなのです。
東京に住んでいる方は分からないかもしれませんが、特に人口流出が進む地方在住の方は雇用状況についてよく分かるでしょう。
犬も歩けば棒に当たる。就活すればブラック企業に当たるのです。
地方では人はボロ雑巾のように酷使されるものなのです。

私は例え公務員であれ、長期終身雇用は幻想であると考えています。
私自身突出した特技もありませんので、中高年になったらいつでも退職勧奨、又は分限免職の対象となるであろうと推定しています。

そうなった場合、中高年公務員の再就職は事実上不可能です。
務員のリストラが解禁された場合のつぶしが効かないというリスクは極めて大きいわけです。
リストラがないということに甘え、自己研鑽を怠ったらそこで終了。
今後公務員のリストラはほぼ確実に起こります。

現実に目を背けてはいけません。
中高年公務員ほどいつでも退職勧奨をされてもおかしくないと覚悟をしなければならないのです。

これらを回避する手段の一つとして、自分が経営者側になるか投資家になるかです。
人は、E(労働者)、S(自営業者)、B(ビジネスオーナー)、I(投資家)という4種類に分けることができます。

労働が美徳?そんな時代ではありません。
きれいごとを言っているうちに過労死や自殺が相次いでいます。


詳しくは金持ち父さんの続編を読んでみましょう。
私は労働者(E)であると同時に投資家(I)を選びます。
最も簡単な投資方法であるインデックス投資を中心に。

公務員が選べる現実的な選択肢は投資家だけです。他は副業規定に引っかかります。
一般的なサラリーマンでも同様の選択肢となるでしょう。

給与収入のみに頼った所得はリスクが高いのです。
それは今の時代は公務員でも同様です。

仮に40歳でリストラされるとすると
年収500万と仮定し×20年で1億円の権利を失います。仮に再就職をしたとしても再就職先では年収300万以下になってしまうでしょう。中高年にまともな就職先はありません。
差額を考慮すると4000万以上も損失してしまいます。以前の年収に戻ることも無いでしょう。

住宅ローン返済のために亭主が〇ねばいいなんて暴言が吐かれてしまうのです(笑)
そして離婚。金の切れ目が縁の切れ目。現実は残酷です。冗談ですけど(笑)
リストラを免れることができたとしてもボーナスカット、基本給削減。定期昇給は微々たるもの。給与が上がることが稀なのです。上がったとしてもインフレ率以下です。
おまけに社会保障費増大が待っています。
今のアベノミクスが特殊なのです。恩恵を受けた方は感謝しましょう。



ですが投資で1000万が半減しても、500万の損失です。
1億円の投資なら半減すると5000万ですね。
よほどリスクを取っていない限り、半減する可能性は100年に一度ほどです。
長期分散投資ではいずれ戻る可能性も高いです。その間も1~2%ほどの配当が出ます。
逆に上昇し続けることもありえます。
そうなれば複利的に何倍にも膨れることもあります。そういった未来は想定しづらいですが。
信用取引、ハイレバFXでもしなければ0以下になることはありません。



投資を行っていない方はそのリスクが理解できないのでしょうか?
投資は収入の分散なのです。
投資のリスクよりも雇用のリスクの方が遥かに高いのです。






拍手[5回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

公務員の雇用リスクも起こりそうですが、人員削減による過労で体調を壊してしまうというリスクもあります。実際のところ、私自身がそうでしたので^^; 私が勤めていた自治体では、非正規雇用が40%、そして定年退職で再任用されたものの働かずにタバコ吸って一日を終える方々・・・。新職員でも見切りをつけて、違う就職先に行く人も在職中に耳にしました。自治体によって財政状況がまったくことなるので、受験する自治体の正職員・非正規職員比率や正規職員の平均年齢などは広報誌で掲載しているところがあるので、自治体受験されるかたは要チェックです・・・
  • from 眠る投資家 :
  • URL :
  • 2015/08/23 (15:07) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

コメントありがとうございます。

公務員でもピンからキリまであるってことです。
定年再雇用なんて意味がないのです。こっちが迷惑なのです。
  • from ニシ :
  • 2015/08/23 (18:29)

無題

はじめまして^^ゆきみだいふくと申します
インデックス投資家です。

公務員の世界で毎年のように退職勧奨ですか・・・・
これは以外です。
公務員は金融商品に例えると、「個人向け国債」のようなな低リスクな雇用形態だとおもってました。(給与とか労働時間は知らないですけどね~)

>公務員に対しての風当たり
私の勤め先でも言う人いますね
そんなに羨ましいなら採用試験受ければいいのに・・

>投資のリスクよりも雇用のリスクの方が遥かに高い
確かにね、これだけ労働問題が噴出している状態ですしね

会社員と株主は利益を奪い合う関係なので両張りするのはぜんぜんアリだと私は思います(といって実家の父親に投資やってることバレて怒られた私ですが・・・・)
  • from ゆきみだいふく :
  • 2015/08/23 (23:17) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題


コメントありがとうございます。

公務員は個人向け国債ですか。個人向け国債も無リスク資産ですが、それなりのリスクはありますよ。利金1年分捨てるなどもったいないですよね。私たちには見えない手数料ががっぽり取られます。
各種インデックス投資家が使っていますが、私はおススメしかねます。

そうですね。
労働者と株主の両張りですね。

ノーベル賞のような未来永劫に価値を生む知的資産を生み出せれば困らないのですがね(笑)
  • from ニシ :
  • 2015/08/24 (06:36)

ガクブルです、ブラック自治体(仮)

すごい迫力ですっ(汗

>世の中には人の足を引っ張りたがる人はたくさんいます。
給料横並びのシヤクソでは尚更、少し秀でるとすぐ妬まれ、潰された職員もいますw

>なぜならあなたが”いい人”だからこそ解雇のターゲットにされるのです。

こちらは解雇まではなくとも、嫌悪業務の押しつけ・嫌がらせはありますね。
もちろん折を見て、片手間に仕返ししますよ!

>ホントに辞めてほしい人は神経がなかなか図太いのです(笑)上手に居座ります。

3月に定年退職した無神経ババアが、希望再任用でフルタイム勤務していて呆れてます。
今なお平均給料以上とか。再任用は福利厚生じゃないぞ☆

こちらの再任用は、定年まで好待遇だったであろう女性が8割です。
  • from :
  • 2015/08/28 (21:43) :
  • Edit :
  • Res

Re:ガクブルです、ブラック自治体(仮)

コメントありがとうございます。

再任用が叫ばれていますが、公務員の再任用はいらないです(笑)
技術職等ならば経験がものを言いますが、公務員などの非技術職にはあまり必要ありません。
それより若年層を多く確保したほうが生産的です。
組織の高齢化は若年層のやる気をはく奪します。
  • from ニシ :
  • 2015/08/29 (06:38)

カテゴリー

最新コメント

[09/29 MYI]
[09/28 やっと]
[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]