忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

今夏のボーナスの手取り23万

夏の期末勤勉手当(ボーナス)の給与明細が支給されました。


手取り額は約23万。
+共済貯金7万です。今月でようやく共済貯金が7桁になります。
昇進したわけでもないので、昨年と概ね変化なしです。
定期昇給分1万ほど上がった形。

人事院の勧告で若干は上がっていますが、実質賃金は明らかに下がっているとは思います。
公務員はインフレに弱いのです。

大本営発表の物価は上がっていないそうですが、上がっていないのは大幅に下落した原油のおかげです。つまりはガソリン(私は軽油ですが)とサービスの単価が上がっていないのです。


逆にモノの物価は着実に上がっています。
ユニクロってあんなに高かったっけ?って思いませんか。
値上げが悪いことではないのですが、賃金上昇が追いつかないのが悪いのです。
あまりやりたくはないのですが、個人レベルだとまだ下級財シフトを進めなければいけません。

※ 昨年給与明細は公開しています。それと大体一緒です。

昨年の給与明細


使い道は決めかねますが、まずは来月ようやく上場決定したラインのIPO取得から入ろうかなぁと思っています。

取得は容易な方でしょう。

初値売りの成否によって、投資と浪費分に振り分けます(笑)

LINEは時価総額6000億規模であり、初値売りで大きく儲ける可能性はとても低い。
もう既に成長限界付近です。上場時期が遅すぎました。
国内は圧倒的シェアを誇りますが、海外展開を加速させたとしても、たかが知れている。

海外にはワッツアップなどがすでに強力なライバルとして展開しており、
LINEがそこに入り込める隙は小さいです。

検索エンジンで例えるなら
LINEがヤフーだとすると、ワッツアップはグーグル。
天と地の差があります。

PSRも5倍、前期赤字、PBRも高く、今期PER50倍超と上値も知れています。
ご祝儀で割れることは無いかと思いますが、初値天井銘柄であるとは思います。
ほとんど公募増資に近い形で、ベンチャーキャピタルの利益確定イベントと言うよりも資金調達の意味合いが強いが強いのが幸いですが。

喫緊で欲しい個別株は特にありませんし、投資信託の増額もすべきタイミングとは言えません。

Brexitの行方次第では、乱高下が激しい相場になるかと思いますので、すぐに一括投資に回し、リスク資産に回すことは危ないと言えるでしょう。

大きく下がったら買いですし、逆に上がったら米国大統領本選まで様子見です。
大きなギャンブル相場ですので焦って参加する必要はありません。
積立投資はこんな時でも精神的負担が少なく、淡々と買えるのでいいですね。

浪費として欲しいものとしてはPSVR、スパイバー&ゴールドウィンのQMONOSムーンパーカなどいろいろありますが、浪費するほど財務基盤は盤石ではないので、消費に回せません。





拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[05/12 MYI]
[05/01 立川 一]
[04/23 MYI]
[04/19 かがわ]
[04/16 NONAME]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]