忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

積極的な分散投資をする

分散投資と集中投資。
分散は無知に対するヘッジだ。
なんてバフェットは言います。

私は分散投資派ですが、分散対象を限定することで絶対リターンを追求した分散を狙います。


分散投資と集中投資のどちらが優れているかということはありません。
集中投資に値する銘柄があるのであれば、あえてパフォーマンスを落とすような分散はせず、集中投資したほうが資金効率はいいのです。
私にはそんな選定能力はありません。あったとしても臆病なのでできません。
億万長者を目指しているわけでもない。結果的になれることにこしたことはないですけど。


分散投資はやり方によっては非常に強力な投資法です。銘柄を絞る分散投資。
集中投資よりも個別リスクと下値リスクを軽減し、更にはパフォーマンスも向上させます。
ですので、私はそれなりに積極的な分散投資だと考えています。

様々な市場の洗礼を受け、大きく損失を出し行き着いた答えは、目の前の絶対的期待値の獲得と、企業の成長によって理論株価が上がり続けるような投資法。
私にはそれほど選定能力はありませんが、その市場価格が適正価格よりも割安かどうかというのは分かるようになってきました。

分散対象も小型株を中心にしていますので、世間一般のイメージで考えればリスクは高いですが、小型株のほうが伸びしろも大きく、市場に過大評価されることもなく(むしろ流動性分ディスカウントされている)下値余地も少ない、健全な優良企業が多いのです。
結果的に時価100億以下の銘柄が主体となりました。
時価が小さければ小さいほど投資対象になる可能性が高くなっていきます。
時価が大きいほどウェイトが高い、インデックス投資と真逆の戦略をとっています。

たとえ需給悪化で短期的に下落しても、買った時点で勝っているとみなせる。
取ったポジションが絶対優位だとわかるような投資法が、私にとっては最も安心感がある投資法です。

十分な安全域を確保できれば、どんな銘柄も基本的には投資対象になってしまうのであり、
優良株でも高すぎれば購入に値しないし、くそ株でも安すぎれば購入に値するのです。

優良企業の大型株が高値圏からより高くなる(過大評価される)のが今の相場なのですけど、そんな含み益は幻想です。砂上の楼閣。

リスクプレミアムは市場が設定するのではなく、自分が期待する運用をするために自分で設定しなければいけません。
私の買い方は結果的には市場に絶対リターンとして10~30%のアドバンテージ(割引)と企業の中長期的な成長を要求しています。自分の投資手法の行き着いた先がそうなっているからです。
成長率は高ければ高いほどいいですが、予測なんて皮算用で計算するくらいしかできませんし、その企業に足を運んで調査することもできません。

ポートフォリオ全体でトップライン5%成長、EPS成長10%が中長期で期待できれば十分です。
今後中長期にわたり成長が期待ができなくなった場合に備え、最低限利確、縁切できるだけのアドバンテージは買った時点でとっておく。

どんな銘柄にも今の企業の本質的価値に比べ市場評価が割安な状態である絶対的安全域があります。ベンジャミングレアムやバフェットの言う。彼らの考え方が理解できました。
グレアムは資産のバリューエーションに着目しましたが、私はあくまで企業価値のバリュエーションをみます。PSRとビジネスモデルが大事。

今市場にあるもののうち、絶対的安全域の成長株を拾う。
そうすれば、結果的に下落に強く含み損を極力抱えない、上昇相場も逃さない強力な分散投資が可能となります。

そのためには、ポートフォリオの中で急成長、急騰している銘柄を強気になって買い増しなどせずに安全域を拡大し、その裏で市場に放置された絶対的安全域の割安成長銘柄を淡々と買う。

様々な成長企業に投資することで成長の時間軸の分散を行い、取得簿価からの下値リスクを限定した積極的な分散投資をしていく。

何も集中投資をしなくとも、リターンを高めることができると思います。
私のように給与所得からの毎月増資型の投資を前提としている場合は、こういった買い方ができます。

という見込みで割安成長株を絶対的安全域で確保し、分散投資を続けます。
今は一昨年、昨年に投資した銘柄の一部が見直し期に入り、結果がたまたま運よく出ていますが、この投資法が長期にわたり有効となるとは限りません。
その時はまた手法を変えて出直します。



拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[05/12 MYI]
[05/01 立川 一]
[04/23 MYI]
[04/19 かがわ]
[04/16 NONAME]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]