忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

一生保有できる中小株を狙う

最近は個別株を中心に取り組んでいます。
投信はあくまで積立財形貯蓄みたいなもんであり、面白味はありません。

中でも中小株は資金力が小さいうちは非常に魅力的な市場です。

人口減少下での日本にはこんなに成長性に満ち溢れていると改めて実感できます。




私は外部要因を気にしなければ日本株、特に中小型株にはかなり強気です。
大型株は為替次第であり、長期保有はしずらい。

買ってもいいのは花王とブリヂストン、ファナック、キーエンス等くらいですが、
みんなが欲しがる銘柄は既に高く、私の資金力では買えません(笑)

そんな将来誰でも欲しがるような銘柄になることを望んで、
選ぶ楽しさがあります。

そしていつか暴落してへこむでしょう。
衰退する大企業の側ら、その一方で衰退産業の中でも大きく成長する企業もあるということです。

そして日本全体ではトータルで確実に一歩ずつ成長していくでしょう。

団塊世代が抜けたことで、人件費負担が大きく下がり、実は企業にとっても販管費の引き下げにつながり好都合なのです。

2016年7月現在の失業率は3.0%と20年ぶりの低い水準。

おそらく完全雇用は2.6%程度であると私は推定しており、東京オリンピックにかけ、未曾有の好景気になるモノと予想できます。

(ただしEU崩壊、中国バブル崩壊等、外部要因がなければ、です(笑))

そんな中ひときわ目立つ中小企業が躍動しています。

例えば2928 RIZAP(健康コーポ)。

様々な事業をM&Aで買収していますが、最も伸びたのはやはり高級ジム。
ありそうでなかった個別指導型のジムです。

もともと富裕層向けに個別ジムを展開しようと意外なほどOLに受け、かなり高い(失礼)入会料にもかかわらず、会員は右肩上がりで増加していきます。

分かりやすく、インパクトのあるCMによる宣伝効果、高い営業利益率など、
ここ数年で最も値上がりした株の一つです。

売上が倍々ゲームで増えていきました。

これが一時的なブームで終わるか、ユニクロのように長期で安定した成長を続けるかは不明ですが、一度買ったら手放さない株(企業の成長に合わせ、値上がりしてもずっと割安)を狙いたいですね。

今から上値を追うのは高PBRで時価総額が大きくなり過ぎて、失速リスクが高く買えませんが、こういった銘柄を発掘していきたいですね。
こういった株を時価総額が低いうちに買うことに意味があります。

ということで売買報告。
保有株の2384 SBSホールディングスを売却しました。

理由は急騰したためです。

決して今でも割安であり、悪い銘柄ではありませんが、購入時イメージしていた成長割安株と言うよりも景気敏感株に近い印象を受け(物流業だと思っていたら不動産業がメインでした)、長期投資向け銘柄に変更。

その資金を別の株に振り分けます。
学習塾関連を選択しました。

教育費はインフレにもデフレにも強く、過去20年間にわたり、デフレ下でも高くなり続けた分野ですね。
医療費と教育費に関しては世界的傾向から見ても持続的に右肩上がりのインフレをしていくものでしょう。
(世界各国の先進国のインフレ国は医療費と教育費がけん引しています。その他はそこまで日本と変わりません。日本だけが長期デフレなのは、優れた公的医療保険のおかげかもしれませんね。)

この傾向は資本主義が続く限り、未来永劫続くでしょう。

一生保有できる素質があります。
自分たちの食費や居住費を削っても子供の教育費を削ることをしないのが一般的な家庭です。

その中でも割安性、成長性、財務健全性、事業戦略性を考慮し、9795ステップと言う銘柄を選択しました。上値を追う売買です。


ちょうど9月が決算期です。
優待権利月でもあります。優待はクオカードです。
100株、500株、1000株でそれぞれ1000円、2000円、3000円となります。


ステップは神奈川県にドミナント戦略を取り、広告宣伝費と言う無駄を徹底的に省き、その分講師をほぼすべて正社員にするなど質を高め、口コミで拡大する戦略を取っています。
優秀な学生がいい学校へ進学することで、より優秀な生徒を集客することができ、結果的に優秀学生を獲得でき、トップ高進学率が上がるという好循環となります。

※ ほんとに優秀な塾と言うのは優秀な学生が勝手に自習し、勝手に成長する場を提供することです。生徒同士が勝手に高めあうため、現場はそれほど手がかかりません。もちろん講師の質があってこそですが。

ドミナント戦略を取ることで、講師間の連携を高め、働く人の士気も高い。
販管費率、広告費率がドミナント戦略を取ることでスケールメリットに応じ、一貫して下がり、営業利益がガンガンと稼げる体質を築いています。

主に公立トップ高合格などハイレベルに強みがあります。
営業利益率は常に高く、平均して20%以上。財務も盤石。
PERは11倍程度、PBRも1.15倍程度で、常に適正価格で買うことができます。

長期チャート的に常に右肩上がり。
成長性に応じて割安~適正価格であり、右肩上がりとなっています。
どこで買っても長期的に見れば損はしないでしょう。
チャートを乱すイナゴの襲来もほとんどありません。
売り時が一部上場来一度もありません。常に買い時です。


4668明光ネットワークジャパンや4745東京個別指導学院などの大手銘柄と比べれば、配当利回りは小さいですが、配当性向30%で増配傾向(記念配を除く)、今は成長投資に回してほしいですのでちょうどいい株主還元性向と言えるでしょう。
一気に拡大することは有りませんが、一歩ずつ着実に成長しています。
オリコン評価も首都圏では一位。


想定しうるリスクとしては講師の不祥事でしょう。
過去に殺人事件を起こしたり、淫行を起こした学習塾もありましたが、そういった場合は他の銘柄は著しく暴落し、売り上げも激減しました。
他の業界よりも不祥事には過敏に反応します。

ですが、講師の質は極めて高く、アルバイト講師がほとんどいない分他の銘柄よりリスクが小さいものと思われます。万が一そんな事態となればおとなしく損切します。
一度でも大きな不祥事を起こすと復活が難しい業界です。
少子化も問題ですが、少子化だからこそ、教育費にお金は掛けます。
増資による希薄化の懸念もあります。
一部上場時に公募増資を行っています。だから割安で放置されているのでしょう。成長性の罠。
フリーキャッシュフローが強固ですのでしばらくは無いとは思います。

まだまだ成長途上であり、神奈川だけでの活動となるでしょうけど、これが関東、全国展開すれば可能性はまだまだ伸びるでしょう。まずは県内制覇です。

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[11/11 ひろ]
[11/07 通行人]
[09/29 MYI]
[09/28 やっと]
[07/23 MYI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]