忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

カテゴリー「個別株」の記事一覧

含み損をどうするか

中長期投資における含み損。
短期投資なら機械的に何パーセントで損切などとなるのでしょうが、中長期投資についても精神衛生上含み損を抱えるのはよろしくありません。
そんな含み損の新しい対処法を思いつきました。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

信用評価損益率について

信用評価損益率。
聞いたことがあるでしょうか?
なじみのない言葉ですが、今相場がどのあたりにいるのか判断するのに非常に重要な指数です。

相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく
という格言がありますが、信用評価損益率を見ればこの段階が大体わかります。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

2~3年後のPER15倍を予測する

PERは基本中の基本指標ですが、その使い方は意外に難しいです。
私は今のPERはあまり重視していません。
2~3年後のPER15倍の位置を予測しています。



拍手[3回]

・・・つづきはこちら

ゲームセクターバブルと殿様イナゴについて

ゲームセクターがバブルの様相です。

3810 サイバーステップや、3667 enishなど年初から暴騰しており、既にサイバーステップはテンバガーを達成しています。
乗り遅れてはいけないと思い、つい買いたくなってしまいがちですが、つられないように。

個別株は大きなカタリストが発生すると、どこかでこの銘柄たちのようにバブルのような急上昇をした後、その自重に耐えきれず、重力に引かれるように暴落を開始しますので、気づいて参加しようと思った時には時すでに遅いのであり、勝算は薄い状態です。



拍手[3回]

・・・つづきはこちら

成長企業の一生を図示する

株式投資するうえで成長性というのが最も大事なわけですが、企業の成長段階というのを意識して投資をする必要があります。
企業の平均寿命は25~30年ともいわれており、サイクルのどのあたりにいるのか考えて投資する必要があります。




拍手[5回]

・・・つづきはこちら

平山3Qについて

一応主力株ですので、4半期決算は特に増収率の面で注視していきます。

平山が3Qを発表。
22.4%と予想通りの増収率。利益はほとんどありません。
目先の利益しか考えられない人にはくそ決算にしか見えないでしょうが、こういった決算にこの企業のポテンシャルとダイヤの原石の魅力を感じてしまいます。

拍手[3回]

・・・つづきはこちら

主力株を策定しました。

今まで見た中で、下値リスク調整後の推定期待ポテンシャルが最も高そうな企業の銘柄をたまたま発見したため、私の投資哲学にあった主力株に値する株だと思い、主力株を作ってみました。

机上のポテンシャルが高いというだけで、現実世界でその実力が発揮されるかはまた別の話ですが。

ウイルプラスやハピネス&Dを超える推定期待値だったため、勝負してみます。




拍手[0回]

・・・つづきはこちら

優良株と投資妙味のある株は全く違うということを理解すること

優良株を買えば長期で儲かる。

そんな感じでバフェット的な消費者独占企業銘柄を購入し、含み損を抱えている方も結構いるのではないでしょうか。
あれ、おかしい。なぜかうまくいかない。
少し発想を変えて投資をしましょう。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

中長期投資の用語解説

最近は多少は個別株について学べました。
そんな中で何気なくブログ内で使っている言葉。

インデックス投資家から転向したため、もともとのブログ読者からは聞きなれない言葉を多用している気はしています。

ですので、簡単に中長期投資をするうえで、大事な用語解説をしていきたいと思います。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

積極的な分散投資をする

分散投資と集中投資。
分散は無知に対するヘッジだ。
なんてバフェットは言います。

私は分散投資派ですが、分散対象を限定することで絶対リターンを追求した分散を狙います。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

カテゴリー

最新コメント

[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]
[07/08 MYI]
[07/08 AKI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]