忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

カテゴリー「ポートフォリオ・投資結果」の記事一覧

6月末定期観測

6月末定期観測。

今年は後買う予定もなかったのですが、これだったらリスクリターンに優れ、買ってもいいなと思う銘柄があり、つい衝動買いしてしまいました。




拍手[2回]

・・・つづきはこちら

6月中旬定期観測

6月中旬定期観測。


たまたま市場の好調に助けられていますが、含み益に浮かれることなく、私はあくまでバフェットの言う通り

① 絶対に損をしないこと
② ルール①を絶対に忘れないこと

を最優先に安全域重視で投資をします。

そのバフェットもIBMで大きな失敗をしましたけれども、かつては偉大な投資家も年齢を重ねると判断能力が鈍ります。
特に低成長時代はリストラばかり、自社株買いでROE向上という名の数字遊びと目先の利益を出そうとしているような企業は、一時不調では終わらないで、そのまま衰退してしまう危険性も高いわけです。
どれだけかつては偉大な企業であっても、長期停滞という時代の流れに逆らうことは難しいのです。

拍手[1回]

・・・つづきはこちら

5月末定期観測

5月末定期観測。

セルインメイと呼ばれていますが特に大きな動きもなく安定しています。

拍手[0回]

・・・つづきはこちら

5月中旬定期観測

5月中旬定期観測。

フランスの国民戦線ルペンが敗北し、極端な右傾化傾向に歯止めがなされたことが市場に好感を呼び、年初来高値を更新しています。
韓国大統領も革新派の文大統領に決定。

そんなマクロ的要素をあまり重視しないほうが結果はついてきやすいです。
ピーターリンチの株で勝つを読んでからは、マクロ情報よりも個別株のファンダメンタルのほうを重視しています。

ボトムアップ重視の投資をしていきます。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

4月末定期観測

4月末定期観測。

主力株を発見し、私が今年できることはやりきったので、後は企業が順調に成長することを祈り、天命を待つのみです。




拍手[2回]

・・・つづきはこちら

4月中旬定期観測

4月中旬定期観測。

ついに暴落が始まりました。
トランプがシリアに攻撃。世界情勢が非常にきな臭くなってきました。
北朝鮮に米国が攻撃を仕掛ければ、間違いなく同盟国日本も標的になり世界大戦前夜の様相。
そんなきな臭い状況ですが、政情の可能性を考えてもわかりません。

金融市場はこれを受け暴落が始まりました。特に楽観的だった中小型株は大打撃。
保有株も大きなドローダウンが起こります。
大きなダメージは受けましたが市場が暴落してろうばい売りしたわけではなく、たまたま私の投資戦略の勝負どころが来たというだけで、急きょ方針転換し、市場が短期的にどうなろうがお構いなしに、保有株の売却を進め、主力株を作っていきました。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

3月末定期観測

3月末定期観測

私は利確があまり好きではないし、得意でもないですので、ずっと想定線より割安なら売らなくていいので楽なのですが、ミスター・マーケットは躁うつ病なので楽観にも悲観にも極端です。




拍手[0回]

・・・つづきはこちら

3月中旬定期観測

3月中旬定期観測。

震災から早いもので6年が経ちました。
被害にあわれた方には心よりご冥福をお祈りいたします。

個人投資家に非常にイージーな展開が続きます。
こんな状況が長く続くわけがありません。
上昇相場はよっぽど変な銘柄を買わなければ、誰でも勝てます。

問題は下落相場になってから。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

2月末定期観測

2月末定期観測。

一部保有株に稲妻が走り、何とかなっています。

稲妻が走る瞬間に立ち会う。
インデックス投資家がバイアンドホールドを主張する根拠ですが、個別株についてはこの稲妻が起こる可能性の高い近未来を、ファンダメンタルからある程度察知できるようになりました。
絶対収益追求をしていく中での発見。投資4年目にして大きな収穫です。
問題は市場がそれに気づく前に投資ができるかどうかですね。
資金不足や出遅れて機会損失した銘柄も多々あります。

そういう意味ではファンダメンタルからのスイングトレードのほうが向いているのかもしれない。やりませんけど。
絶対的な期待値を追っているだけですが、さらに予想以上の業績修正が追い風となっています。

拍手[0回]

・・・つづきはこちら

2月中旬定期観測

2月中旬定期観測。

方向性が見えないランダムウォーク相場が続きます。
年明けは全体が軟調の中で、私の保有株全体としては軟調気味なものの一部銘柄の高騰に助けられ、全体のパフォーマンスを引き上げる展開が続きます。

インした段階では市場評価されるまで数年単位の中長期戦に向いている銘柄で構成し評価されるまでの時間を覚悟をしているのですが、結果が予想外に早期についてきました。
ある程度の下落相場にも耐えられる大きなアドバンテージを取れたのが精神的に楽です。

拍手[2回]

・・・つづきはこちら

カテゴリー

最新コメント

[05/12 MYI]
[05/01 立川 一]
[04/23 MYI]
[04/19 かがわ]
[04/16 NONAME]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]