忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

最近はパフォーマンス報告中心です。 投資は自己責任で。

カテゴリー「ポートフォリオ・投資結果」の記事一覧

5月末定期観測

五月末定期観測。
ツイッター界隈では化け物クラスのパフォーマンスを出す人もいますが、上を目指すとキリがないので、あまり欲深くならずマイペースに資産形成を進めます。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

4月末定期観測

4月末定期観測

相場全体の方向性を読むのは難しいですね。
メインシナリオ(じりじり下げる展開かハイボラレンジ)と最悪なシナリオと最良のシナリオの3、4パターンくらいは考えていますけど、今のところはどれも外れです。

全体の相場を読むことはできませんので、銘柄の絶対基準が割安か割高かを重視して投資していきます。

拍手[2回]

・・・つづきはこちら

3月末定期観測

2018年3月定期観測。
全体は下落トレンド入りが濃厚となりました。

世界貿易戦争ショックとでも後に名付けられるのでしょう。
理由はどうあれ、今までが異常に高すぎただけなので下がって当たり前。

今年の目標は達成できているので、後は下がるだけだと思いますので、パフォーマンスを大きく低下させないことを重視します。

拍手[4回]

・・・つづきはこちら

2月末定期観測

2月末定期観測。


アメリカがくしゃみをすれば日本が風邪をひきます。
日本が風邪を引けば新興市場はインフルエンザにかかってしまいますね。

金融市場は平時はノイズで動きますが、時折強烈なメッセージ(警告)を発します。
普段は全体相場を無視できますが、強烈なシグナルを発している時は見逃さないように。

今までのように買えば何でも上がるような状態ではありません。
運が良かっただけの人は淘汰されるでしょう。
私は年率100%、200%を出せるタイプの運のいい投資家ではないので、運が悪くても淘汰されないように十分な安全域を確保していきます。

拍手[2回]

・・・つづきはこちら

2月中旬定期観測

2月中旬特別定期観測。
緊急事態が発生。
ついに米株バブルが崩壊してしまいました。
人類はすっかり忘れていました。ベア相場の恐怖を。

まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。
byジョージソロス

私のポートフォリオはベア相場で一発で含み益が吹き飛ぶ仕様なのでかなり被害を受けました。

流石にこれまでのように上昇トレンドが続くとも思えないので、今後は保守的にポートフォリオを組んでいきます。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

1月末定期観測

2018年1月定期観測。
2018年からパフォーマンス公開は月一回とします。

安いと思えるものも大抵は上がりますが、高いと思うものは高いと思うところを優に超え、とんでもなく高いところまで上がり続けます。株式市場もビットコインのことを笑えません。
株価が上がることはうれしいですが、それと同時に上値余地の縮小と潜在的な下落余地も上がり、将来の楽しみがなくなっていきます。

楽観的にも悲観的にもならないように、あくまで中庸に構えて相場に臨んでいます。

拍手[3回]

・・・つづきはこちら

12月末定期観測

12月末定期観測。

今年も終わりました。
一年間ありがとうございました。





拍手[1回]

・・・つづきはこちら

12月中旬定期観測

12月中旬定期観測。

仮想通貨がバブルですね。
仮想通貨の価値評価する能力はないので買ってませんけど、ビットコインやモナーコイン、イーサリアル、リップルなど数多の仮想通貨が10倍、100倍、500倍。
昨年のボーナスでどっかの仮想通貨を買っておけば今頃億万長者も見えました。
結果論的には20万が1億以上に化ける可能性が仮想通貨にはあったわけなので。
宝くじよりははるかに期待値は高いでしょう。

値上がりが羨ましいとは思っていますが、仮想通貨が欲しいとは思っていません。
アマゾンが仮想通貨を開発しアマゾンの商品に全部使えるようになったら買うレベル。
この状態まで行ったら本物の通貨としても機能するので。
金融まで支配したらアマゾン帝国時代が始まるでしょう。既に始まってますけど。
All roads lead to Amazon.

ブロックチェーンの技術に対する理解不足もあり、何がいいのかが、これが導入される最大のメリットはいったい何なのかが分からず、いまいちピンと来ていません。
ひとつわかるのは、データが一生消えない(誰かが紛失しても復元が容易、永遠に取引記録が残り続ける)こと、世界中の中央銀行が信頼できなくなった(信用貨幣制度が崩壊した)場合は、この通貨が代わりになるであろうということでしょうか。

今はイノベーター、アーリーアダプターがちやほやしている段階で、キャズムの壁を超えるかどうかというところにいるのでしょうね。

拍手[1回]

・・・つづきはこちら

11月末定期観測

11月末定期観測。

投資をしていると必ず、あ、これ即死する奴が突然来ます。
今まで幸運にもこなかっただけで、来てしまったものはしょうがない。
それが株式投資ですので。
想定外(あるいは想定していたリスクが起こってしまった場合)の事態に陥ったとき、緊急時にどうするかは、投資家の性格にもよるのではないでしょうか。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

11月中旬定期観測

11月中旬定期観測。

景気がいいのか悪いのかは知りませんが、株価が堅調すぎます。
バブル崩壊後の最高値に。
個人は既に売った人、新興市場に資金は来ていないので、あまり波に乗れていないのではないでしょうか。含み益を耐えるのは含み損を耐えるよりも難しいです。
いい銘柄であれば、そのうち循環物色されるでしょうから黙って持っていましょう。

拍手[4回]

・・・つづきはこちら

運用パフォーマンス

投資期間は2013年から2016年まではインデックス投資など投信で運用。

年間15~26%、10年で4~10倍の運用益を目指します。 上がりそうならなんでも買う雑食ですが、選定銘柄の中心は業績モメンタム系バリュー株。 低PEGレシオ、低PSR銘柄が好き。
運用KPI(重要業績評価指標)は含み益の絶対値です。


2013~2016年まで
(インデックス投資での運用)
未計測(ほぼ±0%)

2017年
68.5%
2018年(途中)
28.3%(4月末)
計測開始来 116.3%

カテゴリー

最新コメント

[05/26 通行人]
[05/23 若輩者]
[05/21 若輩者]
[05/18 sow]
[05/16 sow]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]