忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

最近はパフォーマンス報告中心です。 投資は自己責任で。

DC向け商品一般解禁!国内債券クラス最強の低コストファンド登場

DC向け商品がまたまた一般口座に対応となりました。

三井住友・日本債券インデックス・ファンド(信託報酬0.16%)

がSMBC日興からの取り扱い開始となりました。

SMBCは丁度IPO投資の為に口座を開設したばかりです。

信用取引無料、売買手数料大幅値下げなど、今年一番頑張っている証券会社だと思います。
現状はSBI証券一強なネット証券争いですが、
それに加えてDC向け商品の一般販売など、SMBCダイレクトコースは今後の新規顧客のメイン口座の地位を確立していきそうです。

kenz様の記事より

http://longinv.blog103.fc2.com/blog-entry-1933.html

現状の信託報酬最安はニッセイ<購入・換金手数料なし>国内債券ですが、信託報酬は0.31%です。
それの半額程度の信託報酬です。

今後このシリーズが一般向けに解禁が続き、SMBC日興証券でしか取り扱わないのならばこちらで積立を検討しなければならなくなります。

特に外国株式クラスの解禁が進めば、優位なファンドがありません。

まだまだメイン口座はSBI証券で統一しますが、万が一外国株式が解禁されるようであればこちらに変更します。

企業向けDCの三井住友・DC外国株式インデックスファンドS(信託報酬0.17%)
が解禁されたらどのファンドも追いつくことはできないでしょう。おそらくこのあたりが理論上最安コストだと思われます。

DC向け商品解禁はニッセイの日経225以来です。

おそらくこのシリーズのように各種ネット証券で取り扱いがあるとは思えませんので
今後の積立先候補としてSMBC日興がかなり優位性を持つこととなるでしょう。





拍手[1回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

運用パフォーマンス

投資期間は2013年から2016年まではインデックス投資など投信で運用。

年間15~26%、10年で4~10倍の運用益を目指します。 上がりそうならなんでも買う雑食ですが、選定銘柄の中心は業績モメンタム系バリュー株。 低PEGレシオ、低PSR銘柄が好き。
運用KPI(重要業績評価指標)は含み益の絶対値です。


2013~2016年まで
(インデックス投資での運用)
未計測(ほぼ±0%)

2017年
68.5%
2018年(途中)
23.8%
計測開始来
108.6%(5月末)

カテゴリー

最新コメント

[06/06 はげ親父]
[05/26 通行人]
[05/23 若輩者]
[05/21 若輩者]
[05/18 sow]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]