忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

配当込インデックスと配当別インデックスの違いについて

インデックスファンドは配当込指数に連動するものと
配当別のインデックスファンドに連動するものの二種類あります。

果たしてどちらがいいのでしょうか。

結論はどちらも変わりません。多分ね。(笑)
運用報告書を見てもちゃんと理解できるほどの頭は持ち合わせていません。

配当別指数なら、インデックスの組み入れ株の配当分が上方にアウトパフォームし
逆に配当込指数連動なら、インデックスの成績が下方にアンダーパフォームするだけです。
SMTトピックスは配当なしTOPIXへの連動を目指していますが大きくアウトパフォームしています。
反対に日本株式インデックスeは配当込TOPIXに連動していますが、ほぼ信託報酬分アンダーパフォームします。

そもそもインデックス投資信託は配当込指数を目指すべきであり、配当込指数から信託報酬分等実質コストを引いたものがパフォーマンスとなるように表示するのが一番合理的で分かりやすいものであると考えております。
やはりただの指数連動するだけだとアウトパフォーム気味となり、なぜ上方乖離しているかわかりにくいためです。

※仮に配当なし指数に連動するものが何年もアンダーパフォームしているなら
そのファンドは必要ありません。運用が無能です。

現物を利用する場合は配当が出ます。その分は内部で再投資されます。
先物は配当は出ません。ですが短期金利差分高くなる、権利落ちの金額で株式を購入できるので理論上は配当込でのパフォーマンスを期待できます。

※ 詳しい仕組みは訳が分からないよ。

先物利用の方がなんとなく税金は減りそうなのは分かります。実際そうなのかはよくわかりません(笑)うーん難しい。

誰でも簡単にできるインデックス投資。中身を知れば知るほど奥が深い。
けど素人には詳しい理解をすることは簡単そうで難しく、案外できません。
ホントに理解して投資できている人はすごいですね。

※この説明であっているのか(笑)間違ってたらご指摘お願いします。

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[12/17 MYI]
[12/16 ひろ]
[11/11 ひろ]
[11/07 通行人]
[09/29 MYI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]