忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

無リスク資産にリスクの分散効果は無い

良く無リスク資産にはリスク分散効果があるため、
特に変動国債10年などの組み入れ率でポートフォリオを作るなどといいます。

ですがこれはあっているようであっていません。



無リスク資産とは価格元本の変動がないものを言います。

リスク(ボラティリティ)という意味は元本価格の変動という意味で捉えることとします。

(人によって様々な解釈がされていますが、私の解釈は基本的には日本円に換算して、万が一のデフォルト等が無ければ円で元本保証をされているものを無リスク資産と定義しています)

国債のデフォルト等、信用リスクというのはもちろん発生します。
↑ このリスクは価格変動の意味のリスクではないですね。言葉って難しい。

基本的には信用力の高い国や会社等、
個人が取れるレベルの信用リスクというのを想定したうえで、
今の前提が崩れるということは抜きにして考えています。

国債がデフォルトする等、
そういった極めて確率の低いところまでを考慮に入れると何も投資はできません。
そうであれば預貯金さえできないでしょう。預金封鎖まで考慮に入れることはしません。
(マイナンバー制導入による資産課税までは最悪考慮する必要はあります
預金保険機構に加盟していない健全な運営をしている共済の破たんという事態も想定しません。

そういった前提が崩れるということは多くの国民が貧困化するということです。
みんな大好き北斗の〇の世界です。荒廃した世界を一緒に歩きましょう(笑)


その前提を考慮したうえで説明すると

元本の変動がないということは、リスクがないということです。
リスクがないので分散の意味を成しません。


リスク(元本の価格変動)があるので分散効果があるのです(笑)


何を言っているのかわからない?

どう説明していいかは分かりませんが、リスクの分散とは

相関係数=(AとBの共分散)÷ {(Aの標準偏差)×(Bの標準偏差)}

であり、無リスク資産というのは標準偏差0となるので
計算できません。
つまりは相関性というのを表すことはできません。

詳しくはこちらの記事

無リスク資産にリスク分散効果はない?

http://blog.business-shikaku.com/?eid=489



意味分かりにくいですよね。

揚げ足取りみたいに聞こえますが、
私が国債インデックスを取り入れているのは
元本価格の変動があるためです。
リスク資産としての分散効果を期待し、国債インデックスを組み入れています


相関係数は、元本の変動なしでは計算しようにないのです。

ですので、元本の変動がなければ
ポートフォリオのリスクの低減には期待できるが、分散効果には期待できないのです。

リスク資産内のみでの分散があるほかに、
無リスク資産がぶれずにあるイメージです。

意味分かるでしょうか?

つまりは無リスク資産とリスク資産を合算して考えるとややこしいわけです。

例えるなら目玉焼きに塩こしょうかソースか醤油かマヨネーズかの議論をしているときに
スクランブルエッグにバターがいいと的外れなことを言っているような・・・って違うか(笑)

私はリスク資産はリスク資産として考える必要があるし、
無リスク資産は無リスク資産として考える必要があると考えています。


簡単に言うと、ただリスクが減ってリターンが減るだけですから。
どのポートフォリオの組み合わせでも一定のリターンを期待できるのが無リスク資産です。
つまりは、どのポートフォリオに組み合わせても同じリターンしか見込めません。

このやり方ではリスクを減らしながら、リターンを上げることはできません

これでリターンがいいのならば、ポートフォリオがいいのではなく、
たまたま無リスク資産の利率がいい等の場合です。
それこそバブル期の定期預金年利6%とかね。
ここまで利率が上がるとそもそも投資がいらないですね(笑)


利率の低い国債の考え方は難しいところです。

国債を無リスク資産として持つか。リスク資産として分散効果を狙うか。
その考え方は投資家の判断次第です。




拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[05/12 MYI]
[05/01 立川 一]
[04/23 MYI]
[04/19 かがわ]
[04/16 NONAME]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]