忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

多くの投資家は様々な投資を実践後インデックス投資に帰納する

インデックス投資を実践している方及び、インデックスブログを書いている皆様のほとんどは他の株式投資やFX、及び先物、新規公開株(IPO)等の各種投資をどれか一つは実践していたかと思います。
はじめからインデックス投資に行きついた合理的な選択をした投資家というのはほとんどいないでしょう。

私もインデックス投資を始める前は、FXやその他投資法の実践を行っていました。
今も遊びではありますがSBI証券のIPOでポイントをためて、いずれ(今年は当たらないでしょう)1度は当たるまではBBをちょくちょくしていきたいと思います。
投資初期というのはどうしても投資自体に恋焦がれているような様々なことをしたくなってしまうわけです(笑)。

様々な実践を経た上で、FXはだめだ、IPOは当たらない、個別株は破たんリスクが大きい等経験したからこそインデックス投資が最も楽で合理的という仮定の下、最終的にインデックス投資へ帰納していきます。

最初からインデックス投資1本のみを行う必要はないかと思います。
もちろん少額でも投資信託の積立継続は行っていった方がいいとは思いますけど。
※梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの水瀬さんも初期はIPO等に挑戦していました。

元本が小さいうちは損失額も小さいのでいろいろな投資に挑戦するべきです。

じゃなければ、インデックス投資というのが地味ながら健全な投資という短所であり最大の長所の部分というのが分からないからです。

FXで数百万数千万の追従金の支払を命じられ破産に追い込まれることもあります。
先物だとそのリスクもさらに上がります。

元本が小さいうちだとこういった失敗による損失というのは働いて返せるレベルですが
大きくなってからでは遅いのです。


こうした失敗を経験したうえで、インデックス投資というのが優れているのかというのがだんだんと分かってきます。

人間失敗しなければわかりません。


インデックス投資でさえ100年に1度の金融危機が起きればひとたび元本の半減程度になります。

自分の資産に痛みを伴うということは長い人生で見れば非常に良い経験となります。
預貯金だけでは分からないのです。

こういった失敗経験をしたことを生かし、インデックス投資に帰納した投資家は
35年の住宅ローンを組む等、超長期にわたり固定債務を組むような非合理的な選択をすることも無くなります。(住宅ローンを組むこと自体は否定しません。10年程度であれば現行制度だと減税もあります)
老後、退職金等大きな金が入った後、悪質金融機関などに食い物にされることも無くなります。

投資はしたくないと考えてるあなた。
長い人生いずれ車を買う、家を買う、終身保険を買う等大きな金額を動かすこともあります。
それもいわば投資です。自分の資本を増やすということです。
この時金融知識は非常に大事になります。相場にいなければわかりません。

インデックス投資は最も楽に相場に居続けられる方法です。


ですので若い人ほど様々な投資を行って失敗した上で、最終的にはインデックス投資を行っていただきたいです。

※管理人は20代です(笑)おっさんみたいなことしゃべってますが(笑)




拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[05/12 MYI]
[05/01 立川 一]
[04/23 MYI]
[04/19 かがわ]
[04/16 NONAME]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]