忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

個別元本制度について

ETF不要論をかれこれ言い続けているわけですが(しつこい)
投資信託というのは個別元本制度を設けているわけです。

Aさんは10,000の基準価格で買った、Bさんは12,000、Cさんは10,500の基準価格で買った等、
それぞれで購入した金額は異なるわけです。


関連記事


同じ投資信託も買う日付や、積立回数に応じて取得元本というのは各々で異なってきます。
それによって同じ分配金でも人によって課税額というのは異なってきます。

             取得金額ー特別分配金
個別元本 = -------------------------------------------------------------
                保有口数

となります。

同一銘柄を複数回購入した場合は平均によって算出されます。
特別分配がなされた場合、個別元本も調整されます。

要は仮にAさん10,000とBさん12,000が

分配金1000を出した場合、仮に分配日の基準価格が11,000だとしたら
Aさんには非課税Bさんには課税となるわけです。

またCさん10,500には500の部分には課税、残りの半分は非課税となるわけです。

そこでインデックス投資信託の基準価格というのは基本的には配当込に連動します。
ファンドが配当なし連動をうたっていようが、実質的には配当込に連動します。現物株を利用するとその株式から配当というのは出るものですので(配当は国内株等のファンド内では課税されません。ただし海外株式等の外国税はされます)。

その中からファンドが独自に決めた額というのを分配金として払い出します。

これにあたるETFの分配金にはそもそも配当としてだされるのでA,B,Cて課税対象ですね。

ですので、個別元本制度を設けて配当に課税されるか否か決定されているので
投資信託の分配金は非課税の恩恵(?)を受けやすく、反対に現物株やETFの配当は課税対象になりやすいのです。

私の理解もいまいちで、
更には説明が下手くそで不要論の意味が分からない方もたくさんいらっしゃったかと思いますが
今度こそちゃんと説明できたはず(笑)

しつこいですが私はETFは投資信託で買えないフロンティア株以外は用いません。



拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[05/12 MYI]
[05/01 立川 一]
[04/23 MYI]
[04/19 かがわ]
[04/16 NONAME]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]