忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

世界経済インデックスの違和感

世界経済インデックス。
これを主体に資産形成している方も多いでしょう。

私もSMTインデックスバランスオープンも積み立てていますので、
このファンドにリートを混ぜたもので構成していますので、このファンド自体を否定するわけではありません。

ただGDP比で構成。

これ自体は共感できますが、実はGDP比であり、GDP比ではないのです。


私は時価総額比での構成は好きではありません。
それでも現状低コスト非時価インデックスで購入できるファンド自体が少ないため、消極的にそうするしかないのです。


それを踏まえて言わせていただくと、
この世界経済インデックスはGDP比で構成されていると目論見書などには書かれていますが、

そのマザーファンドはGDP比ではない時価総額比(しかも浮動株調整後)なのであり、
確かに日本と先進国と新興国という大きなくくりではGDP比なのですが、

国別で見ると決してGDP比ではなく、
時価総額比とGDP比が合わさった歪な構成となっているのです。


購入段階では国別のGDP比で構成されていると考えていたのですが、実際は日本の時価総額比と先進国の時価総額と新興国の時価総額という大きなくくりの中でのGDP比で構成しているのです。

分かりにくいかもしれませんが、世界経済インデックスは決してGDP比ではないのです。

ですので、どうせなら国別のGDP比で構成するホントの意味のGDP比のインデックスであればいいのですが、そうとはいきません。

なんか不自然ですよね。

GDP比では2位の中国が構成割合が2位ではないなど。
全体では韓国の方が組み入れ割合が多いくらいです。

重箱の隅を楊枝でほじくるわけではありませんが、先進国、新興国などのマザーファンド自体は時価総額比である以上仕方がないのかもしれませんね。

※ 世界経済インデックスを決して悪いファンドだとは言っていません。
数多のバランスファンドの中では最も好みな比率です。





こそっとIPO報告

ゆうちょ 日興 100株 野村 100株 マネックス 外れ SBI 補欠

日本郵政 まだ(多分野村から1枚配分有る)

かんぽ SBI 補欠

SBIチャレンジポイント 31pt

SBI証券で補欠で資金拘束になっているのに気が付かず、バルニパービとパートナーエージェントの抽選が対象外でチャレンジポイント逃す。もったいない。補欠は辞退。

ゆうちょは結果2枚手に入れました。
おそらく郵政も野村から1枚配分があるでしょう。
一枚は長期保有のインカム収益、もう一枚は短中期のキャピタルゲインねらいですね。
初値はどうだろう。高くついたら初値売りも考えます。



拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]
[07/08 MYI]
[07/08 AKI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]