忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

バランスファンドの欠点

私がバランスファンドに懸念している事項として
よく的を射たデメリットを解説しているブログがありました。

http://kapok.mydns.jp/wordpress/?p=104

私はバランスファンドについてコストが幕の内弁当のようになって箱代が高いという、現段階の低コストファンドが設立しつつある現状では的を射ていない批判については否定的ですが

やはりバランスファンド特有の問題というのが発生します。


バランスファンドの欠点。

それは、基本が逆張であることです。
下がったものを買い、上がったものを売るわけです。それを自動的に。

ですが、それが仇となる展開が昨今の中国株バブル崩壊で新興国株の下落などがあります。

新興国株式は、もともと下落基調でした。

そんな中、バランスファンドの場合は自動的に安いものを買うのでこういったときでも高いクラスを売り、安いものを買います。

こういった行為は、ボックス相場のような上がったり、下がったりが続く相場では効果的かもしれませんが、一方的な方向に進む下落の場合は余計にリスクを抱えてしまいます

そういった場合は余計にリスクを抱えるだけであり、
バランスファンドはむしろハイリスクであるのではないかと考えています。

私はモメンタムという概念には一定の価値があるとは思っています。

行動経済学に従うのならば、上がるからこそ買うのであり、下がるからこそ売るのです。

私はリバランスをしない方針で運用していますが、下がるものは下がり続けるのであり
どこが底か分からない以上、私たちは永遠と難平しなければならない可能性もあるのです。

市場は論理では動いていません。
ほとんど感情で動いているのです。
一見まるでランダムウォークしているかのようですが似て非なるものです。




拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]