忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

ほったらかし投資術読みました。

全面改訂
ほったらかし投資術

多くのインデックス投資家のバイブル本と言ってもいいでしょう。

私も読みました。

読書感想文が流行っているので私も書きます。

私は、だいぶ正攻法から外れた亜種の部類
例えば
  • ETF不要論
  • 外債必要(ヘッジも合わせることで)
  • 変動国債不要(国債インデックスはリスク資産としての分散効果に期待)
  • リートにも高い割合を割く
  • 市場平均は正規分布していない為平均値自体が高い
  • リバランス不要(無リスク資産との割合で考慮すればいい)
  • 無リスク資産としての共済貯金(利率1.●%)を利用

などなど、独自観点が多いため
水瀬氏や山崎氏との意見をすべてを組み入れることはしていませんが、
少なくともインデックス投資の基本書として
ほったらかし投資術といいうのは完成しているでしょう。

くれぐれも良い子も悪い子も私のまねはしないでね(笑)

少なくともコスト第一主義というのは全インデックス投資家にとって共通事項です。

売買回数を極力減らすこと。積立設定で楽をすること。
無駄なアクティブファンドには投資しないこと。
無駄な税金は払わないこと。

この辺の原則は守ります

投資に余計な時間は掛けません。ブログ書いていていえる身ではありませんが。
今はブログ書くのが楽しいのです(笑)



ニーサにはバランスファンドはいらない、って書いていましたが、
ニーサは非課税期間終了後に損失すると特定口座に移管する際、余計に損するという仕組みですので
株式一辺倒だと値下がりリスクの方が高いのではと思っています。
私はニーサ内はバランスファンドの方がいいかと思います。

ですが、ニーサ最強は元本保証のトヨタ株で決まりです。
枠内に収まればね。
6/21追記
ニーサはおろか、特定口座も不可能みたいです。
野村證券のみ取り扱いとなりました。


確定拠出型年金に関してはこれを参考にはじめましょう。
本書に付け加えると、改正後の公務員の拠出額(年間14.4万まで)だとSBI証券一択です。
口座維持手数料無料のメリットは拠出額が少ないほど大きいです。
新興国株投資を重視する場合もSBI証券ですね。
スルガはファンドのコストが高いですし。
個人型の自営業等で、拠出額も多い場合は野村證券の方がメリットが高いです。
野村DCシリーズはやはり格段に安いです。

個人投資家は、インデックスファンドで十分です。
国内ETFさえ不要です。←これは私の意見ですけど(笑)
給与からの積立による資産形成が最も安定した方法です。
一括投資が合理的ですが、普通のサラリーマン等は一括するほどの資産もないですしね。
認知不協和。精神を安定させるためにも積立投資がベストです。

こんなかんじでしたね。

ほったらかしとは書いていますが、ほったらかし迄はできません。
たまには自分の口座を覗きましょう。

6/21追記
水瀬氏のブログ梅屋敷のランダム・ウォーカーに紹介していただきました。
大したいいことは書いていない気がして申し訳ないです(笑)


http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-2765.html

職業柄上、本書の購入リンクは張りません。ご自身で探してお求めください。


拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]
[07/08 MYI]
[07/08 AKI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]