忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

カテゴリー「インデックス投資について」の記事一覧

積立投資の生涯リターン

積み立て投資。

私はすでにこの投資法に疑義を生じ(ファンダメンタルやタイミングを無視した投資に勝ち目はない)見限っていますので、今後積立することは相場が底値圏になるとき以外はありません。

自分が信じて選んだ日本の優良中小企業にお金を預けたほうが資産性が失われることが少なく、信頼できますから。

また、積立投信を用いて投資するのは、今後は確定拠出年金位だと思っていますので、
今のリターンが特定口座では生涯リターンともいえる。

今までの投信積立リターンを振り返ってみます。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

JPX日経中小型株指数について

これはいい指数ができました。
JPX日経中小型株指数。

この中には私が投資をしたいと思った銘柄が多数含まれており、
日本株投資をするならこの指数でいいのではといった感じがします。
これに連動するインデックスファンドが登場したら、買ってもいいかもしれません。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

松井証券の投信工房がすごくいい

松井証券の新サービスが話題ですね。

AIを使った激安ラップファンドが開始されます。

私自体はインデックス投資から距離を取っていますが、こういった非常に良心的な激安のラップファンドはこれから投資したいといった方にはおススメでしょう。

拍手[1回]

・・・つづきはこちら

長期の絶対収益を重視する

インデックス投資はベンチマークに追従します。
そこからアクティブファンドはベンチマークという相対収益の超過収益を狙うという手法です。

ですので、私たちが実際に投資した額に対する絶対収益は全く考慮されていません。
つまりはタイミング次第なのです。
むしろ個人投資家は絶対収益を重視すべきなのであり、
そのタイミングで投資した場合、たとえ暴落を挟んだとしても、
長期でいくら期待収益が望めるかの手法で考えなければいけません。

そこが見落としていたところです。

ベンチマークに追従しても、あるいはベンチマークを超過するアクティブファンドがあっても、
高値で買ったベンチマークが暴落したら意味がありません。
インデックス投資が悪いわけではなく、高値で買うことが悪いのです。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

インデックス投資を危険視するようになった理由

インデックス投資の危険視。
それは、私はあくまでアベノミクス後の参加者であり、暴落には立ち会ったことはありません。

イギリス離脱時は単なるリスク回避の範疇であり暴落ではありませんが、小さな信用収縮です。
その程度にうろたえたのではなく、単純にリスクに見合わない投資であることに気付いたためです。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

インデックス投資教から脱退

インデックス投資教。

世界経済は右肩上がりであり、環境を無視して一括、又は積立すれば右肩上がりだよ。
なんて言う宗教まがいでインデックス投資が普及しております。

投資が普及することはいいことなのですが、最近の宗教じみたものは好きにはなれません。

かねてから疑問はありましたが、私はインデックス投資が好きなのではなく、
どうやったら効率的な資産形成ができるかと言う方が大事であり、
その中でたまたま最初に選んだのがインデックス投資と言うだけです。



拍手[5回]

・・・つづきはこちら

大和証券からまたまた超低コストインデックスファンド。

久しぶりに超低コストインデックスファンドシリーズが登場します。

今あるニッセイやたわら等のシリーズで十分超低コストなので乗り換えるまでもないのですが、
これからインデックス投資を始める場合には強い味方です。

中でもダウや、新興国債券と新興国株式の低コストが非常に魅力的であり、
他を圧倒する低コストで登場します。




拍手[1回]

・・・つづきはこちら

外債ヘッジ利回りがマイナス圏に突入・・・

予想はしていましたが、世界各国の政治的、経済的混乱が続き、
債券利回りの低下が進んでいます。


遂に外債ヘッジが為替ヘッジコスト控除後の最終利回りがマイナス圏になり、
いよいよ内外債券投資ができない時代に突入しました。

Bloombergより

為替ヘッジコスト、2008年以来の高水準‐日本勢の外債投資
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-08-16/-2008

世界中のイールドカーブがフラット化し、債券投資に旨みが無くなりました。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

使えるアクティブシリーズ。配当貴族がSMTから登場

今年はスマートベータ元年ですね。

世間はオリンピック一色ですが、投信業界は差別化を図るため様々な投信が開発されています。
コストのこれ以上の差別化は出来ませんので、スマートベータが急速に拡大しています。

その中でも長期投資で有用な指数として配当貴族指数と言うのがあります。

配当貴族は高コストアクティブファンド、及びETNでは現在発売されておりますが、
低コストインデックスファンドとして登場するのは非常に喜ばしい。
しかも日本株で初です。

三井住友トラストアセットマネジメント株式会社様より、日本株と米国株の配当貴族インデックスが登場します。

拍手[0回]

・・・つづきはこちら

インデックス投資を辞めました

インデックス投資を辞めました。
なぜか。スマートベータに切り替えたためです。


来年以降の確定拠出年金はインデックスファンドを用いる為厳密に辞めたとは思っていませんが
日々の月次の積立は5/1現在下記のファンドを積み立てています。

・ひとくふう日本株ファンド
・ひとくふう世界国債為替ヘッジ有
・たわらプラス先進国株高配当低ボラ戦略
・たわらプラス新興国株高配当低ボラ戦略

それとリート
・たわら国内リート
・たわらGリート

はインデックスですかね。

ただ、国内リートはAA格以上で利回りの高い個別銘柄を今後の比率は上げたいかなぁと。
(なぜAA格以上かというのは日銀の金融緩和の対象銘柄だから)



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

カテゴリー

最新コメント

[03/11 伊集院華丸]
[03/05 株太郎]
[02/09 NONAME]
[02/04 NONAME]
[01/26 投資素人]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]