忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

最近はパフォーマンス報告中心です。 投資は自己責任で。

派手に破産。

破産しました。(精神的に)
上げ相場は運、下げ相場は反省する場です。

大きく動きました。悪い意味で。
何とか致命傷で済みました。

あまりにひどい状態なので、悪いものだけ簡単に決算精査します。
1個ならまだしも、現時点で3個も。
※ 無視できる利益範囲に着地した銘柄は放置・無視。
まだまだ増えるのでしょうか 汗。
売ったもの
アカツキ、スターゼン

決算精査とトレード反省点

失敗トレードのほうが成功トレードよりも後のためになると思いますので、生き恥をさらします。

アカツキ
決算 定性評価A→D

2019年第一四半期決算短信




良かった点
何度か難平しようとは思ったものの、買い増ししなかったこと。
下がったときに、粛々と損切はしたこと。
(一発屋の可能性も高い銘柄なので損切は徹底)

悪かった点
難平しななかったこと以外全部。(銘柄選定、事業リスク、ライバル参入リスクの軽視等)

これほど相性が悪い銘柄はなかったです。
高利益率企業は苦手です。
過去最大損切額を更新。不幸中の幸いは難平はしなかったこと。
何とか難平を踏みとどまれました。
1Qドッカンバトルのセルランが減収となる可能性が高いのは、大よそセルランや有力ライバル発生でわかってた状況。それを織り込んでも安いとは思ってたので。
4000は相当固いと・・。ただあっさりと割り込んで底が見えなくなってしまいました。


中期目線で買いましたが、コロプラ、ガンホー、ミクシィなどのようになることが見えてしまう決算。やはりゲーセク。
アカツキはドッカンバトルだけでなく、自社IPのハチナイなどの伸び、lx事業、アカツキランドなど将来の総合エンタメ企業になることを見込んで買いでいましたけれど、やはり懸念であるドッカンバトル一本足打法リスクが顕在化してしまいました。
セルランから1Q減収は予想できており想定内ですが、利益率の低下が顕著です。
原価上昇と広告費の投入によるものという説明。
ゲーセクの典型的な例は好調時の利益率は50%を超えますが、ピークを過ぎると大抵15~20%程度に落ち着きます。ここも例に漏れない可能性が見えます。

2Qは回復と意気込んでいますが、前年以上の業績を出せる可能性は低いでしょう。

買いあがる要素が現状ないので、来週以降はさらなる追証強制決済で追撃されると思われます。
東映アニメはドッカンバトルのおかげで好調なんですけどね。

どこまで下がるかわかりません。
有望株と評されるため、リバも期待できますが、非常に難しい。
下手に触ると往復ビンタを食らいそうです。


8043 スターゼン
定性評価A→C

平成31年度第一四半期決算短信




こちらは予想外の大幅下落。利確で撤退できたのは不幸中の幸いか。
減益だから売る決算とは限りませんが、上昇トレンドで期待が乗っている中でくそ決算が出てしまったせいで急激に需給悪化。
上手い(逃げ足の速い)個人が買っている銘柄なので減益は即撤退が共通認識の状態です。
この減益は予想できませんでした。

見かけが悪い決算ですが、中身は物流費や人件費増の想定できる範囲でのネガティブ要因でそれほど悪い状況とも思えないので、下がれば回転させることができることを意識しての売り。
上値追いは難しい決算に見えるので、目先5000円を割りそうなのは予想できます。
PBR1倍を割って、ヨコヨコになったら再イン。

9517 イーレックス

平成31年度第一四半期決算



定性評価A→C

こちらは売らず。
くそ決算はくそ決算ですが、増収率は高いのでこちらはむしろ買い増ししてもいいほうの糞決算に見える。見切る段階には見えません。
佐伯発電所と土佐発電所の定期修繕による稼働休止が主な影響です。
現段階の利益率は10%くらいで推移することを想定していますので、2020年までは利益率の大きな向上は見込んでいません。
建設仮勘定が100億増え、豊前発電所開業間近です。
目先の利益はどうでもよく、顧客数の増、新規発電所の開設に目線は向いています。
短期投機家を一掃してくれれば助かります。


今後のトレード方針としては好決算上値追いは失敗するケースが非常に多く、短気リバ狙いが安定しているように感じます。
昨年が異常な相場というだけで高値レンジブレイクは大抵失敗する感じ。
中長期目線もおすすめできません。買える水準のものも少ないです。
昨年上がりすぎた反動で大抵の銘柄はちょっとやそっと下がっても割安にはならないのでじりじり下がります。そして売るに売れなくなり、じり貧。
レンジ底で買って少し上がったら離脱。若しくは動意づいて直後に下押しした時のみイン。
そういった方針に切り替えます。

拍手[2回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

こんにちは。
東海カーボンはもう手放されたのですかね?こちらを参考にさせて頂いて少しお小遣い頂戴できました。
しかしダイヤモンド電機は今日なかなかのクソ決算出してきましたね。下値を深追いしないか心配です。
  • from 若輩者 :
  • 2018/08/10 (17:13) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

コメントありがとうございます。
地合いが悪いので両方とも持っていません。
分かりきったような減益でも大きく下がる今の地合いで
ダイヤモンド電機は決算をまたぐ勇気はありませんでした。
  • from ニシ :
  • 2018/08/12 (05:59)

無題

そうですか、結果的にはどちらも手放して正解でしたね…
一方、平山は昨日の決算受けて今日噴きましたね。こちらはまだまだホールドですか?
  • from 若輩者 :
  • 2018/08/15 (21:26) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

平山とイーレックス、グローバルグループは残しましたが、他は決算や地合いで株価が溶けたため、優待以外ほぼポジションをいったん閉じてCP高めでいます。

人のポジションがそんなに気になりますか?
私は決算持ち越しに失敗した銘柄も複数あり、かなりきつい下落を総合的には食らってます。
JSSなど1Qが悪いこと(というか昨年がたまたま投資時期がずれただけで昨年がネガティブな増益)は織り込み済みかと思いきや、見るも無残な株価に溶けています。
こんな地味株がそこまで割高でもないのに半年で半値です。
PER5倍まで下落を覚悟しています。
流石にこの水準は売るに売れない水準なので含み益でも塩漬けにしている状態と変わりません。

まだ平山のおかげで受け応える余裕がありますが、他の投資家は今は殺伐としているので、あまりそういうのを頻繁に聞くのはよろしくないかと。
  • from ニシ :
  • 2018/08/18 (18:38)

無題

そうですね・・・失礼しました。
私も同じく殺伐としてる心境ですので、あまり軽率な質問は控えます。
すみませんでした。
  • from 若輩者 :
  • 2018/08/18 (18:28) :
  • Edit :
  • Res

運用パフォーマンス

投資期間は2013年から2016年まではインデックス投資など投信で運用。

年間15~26%、10年で4~10倍の運用益を目指します。 上がりそうならなんでも買う雑食ですが、選定銘柄の中心は業績モメンタム系バリュー株。 低PEGレシオ、低PSR銘柄が好き。


2013~2016年まで
(インデックス投資での運用)
未計測(ほぼ±0%)

2017年
68.5%
2018年(8月時点)
18.2%
計測開始来
99.6%(8月時点)

カテゴリー

最新コメント

[09/30 AKI]
[09/30 MYI]
[09/29 AKI]
[09/20 なまにく]
[08/20 AKI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]