忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

今更金持ち父さんに学ぶ

金持ち父さん貧乏父さん。

昔流行りました。
私はこの本を読んだことはありません(笑)

大体の内容くらいは分かりますが。
おそらく、インデックス投資を始めた人も中にはこの著書を読んで開始した人もいるのではないでしょうか。

内容を整理してみましょう。

金持ち父さんと貧乏父さんの違い。

ロバートキヨサキという作者が書いた本で今でも人気のある本です。


端的に内容を言うと

金持ち父さんは資産を増やし、貧乏父さんは負債を増やす



という違いです。

当の本人が負債を増やしすぎて破産しているという何とも本末転倒な結果となっています(笑)
※訂正
倒産は計画倒産であり、自分の個人資産を守るために行われた可能性が高いそうです(笑)


  • 金持ちは、お金のために働くことはしません。
貧乏人や中間層はお金のために働く。私たちのほとんどはここにいるでしょう。
お金の力を理解している人ほど金持ちに近づきます。

  • 資産と負債の違いを学ぶこと。
簡単に言うと資本が収入を生むものが資産、支出を生むものが負債です。
貧乏父さんの多くは資産だと思って家や車を買いますが、これらは負の資産、つまり負債です。
ローンを組んで購入すると大抵お金が減る仕組みとなります。
ですので、負債を減らし資産となるものを増やしていく必要があります。


  • 仕事とビジネスの違いを知ること

私たちは仕事をすることで誰かのビジネスの役に立っています。逆にビジネスをやる側にならなければなりません。
その方法が
株式、債券、投資信託、収入をもたらす不動産、借用証書、ロイヤリティ収入をもたらす知的資産などそういった自分が働かなくともお金を稼げるビジネスを持つことが大事です。
  • 会社を作って節税する
稼ぐ→税金を払う→使うのが貧乏父さん
稼ぐ→使う→税金を払うのが金持ち父さんです

後者の場合支払う税金はぐっと抑えられます。そのために企業が必要です。
  • お金を作り出す

投資によって収入を得る、そしてリスクを判断する能力を身に着けること。
労働によって稼ぐのはどれだけ税金を払う必要があるのか考える必要があります。

  • 学ぶために働く
成功するためにまず仕事をして学ぶ必要がある。セールスと市場への理解力を得る。そして聞く、話す、交渉するなどの基本的なコミュニケーション能力を伸ばすことが大事です。


と内容を整理するとこんな感じだったかと思います。

この本で学ぶべきは、やはり負債を減らし、資産を増やすこと。

多くの国民は負債を増やします (笑)

家を買うときもやたら見栄っ張りに大きな家を建てる人。特に今の景気のいいご時世。
周りでも建て替えが進んでいます。
それらは結局は資産にはなりません。お金が出ていくだけです。
家を買うのならまず、家賃収入を得れるような仕組みにしなければなりません。


不動産による不労所得を確保できる家づくり。
家を買う場合は資産として有効になるような土地の取得と家の構造を考え、仮に私が住まなくともお金を生む家づくりというのをしたいとは思っています。
家を作っても私が一生住む保証などないのですから。


そして、何より株や債券等自分の資産となるものを増やすこと。
そのために基軸としてインデックス投資を行います。
サテライトとしてIPOやフロンティアETF、ハイイールド債ETF等を交え自分の許容できるリスクを見つけながら投資をしていきます。
まだ許容リスクは分かりません。大きな下落を経験していませんから。


そして労働によって、人的資本の向上をさせること。

労働では職務上条例や法律もだいぶ勉強できました。まだまだ未熟ですが今後はもっと深い法律知識を学んでいきたいと思います。

ブログを書くことでだいぶ頭が整理できてきました。
書く内容を勉強することで分かったつもりのものも改めて整理して吸収できました。
これも将来の知的資産となってほしいものです。

まだまだ金融知識も未熟ですが、少なくともその辺の自称FP等のプロよりはまともなことが言えるでしょう(笑)。



私が会社を立てることは万が一もないとは思いますが、少なくとも今できる節税方法は全力で行います。

確定拠出年金、個人年金、ふるさと納税、そしてニーサ活用や、投資信託の税の繰り延べなど。
その他控除等、特にトヨタAA株が手に入れば配当控除までできるようになると思います。

まぁ、公務員が節税に励むのは非常に矛盾しているっちゃしているのですけどね (笑)
ですので公務員の投資ブログや節税ブログというのはあまり多くは無いのかもしれません。

最終的には投資により収入が増える(予定)ので、税収も増え、その分地域の為にもなるとは思うのですけど。
今は払える能力がないだけです。将来の地域の貢献の為に今節税しているのです(笑)
と言えば恰好はつくかな。

結局田舎で稼ぐには都会に依存しなければなりません。
田舎は寂れる一方でしょう。費用対効果はまるでありません。

ですのでそれらを代用できる株、債券、リートなど田舎ほど考えなければなりません。
昔は地主などが田圃を貸すだけでお金になりましたが、グローバル化が進む今は田舎で稼ぐこと自体が無理な時代になっています。


この本が発売されすぐにサブプライム問題やリーマンショックが発生し嘘つき!と言われていた気がしますが、考え方の根本としては非常に大切なことが書かれているのではないでしょうか。
私たちインデックス投資家は
貧乏父さんのように労働で所得を得て、金持ち父さんのように資産を増やし続けます。

※本書の購入リンクは張りません。ご自身で探してお求めください。



拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[09/29 MYI]
[09/28 やっと]
[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]