忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

いい上司か悪い上司か

私の文章がくどいです。
もっとシンプルに書きたいですね(笑)

公務員という職業に勤めるとどうしてこうも口説くなるのか。

分かりません。

私はもっとシンプルに説明できるタイプだったはず。

いつの間にか上司に毒されたのか、元々は細々と書くのが苦手でした。

今の上司。とても細かく指導してくれました。

つまりは逆に言うとすごく口説いです(笑)

やはり上司の影響というのは計り知れません。

話は変わりますが、
特に新卒時に最初につく上司というのは今後の社会人生活で最も行方を左右する重要の一人と言えるでしょう。

私は最初が糞でした。(笑)
私の人生で史上最悪のタイプの上司に当たったと言えるでしょう(笑)
おかげで反面教師にはしています。


今年入庁した職員はまだいい上司か悪い上司か判断できないかもしれませんが、

いい上司というのは褒めるのも叱るのも上手です。人を見てどう動かすかというのを瞬時に判断できます。人の動かし方というのがとにかくうまいのです。
自主性に任せた方がいいか、あるいはレールを敷いた方がいいか。
そういった個性に合わせたマネージメントというのがやはりうまいです。
失敗したときも状況説明を相手をあまり圧迫しないように聞き、次の対策へと転じます。

※そんな上司でもゆとり世代には手を焼いていたりはしてます(笑)

悪い上司というのは過去の栄光に浸ります。昔はこうだったんだお前もこうしろ的な。
とにかく自分の経験だけからものを言います。
そして失敗したら、昔の俺はできたぞなんて言う。挙句の果てに自分の思い通りにならなかったら罵声や体罰が来ます。


いい上司はYOU目線であり、悪い上司はI目線なのです。


管理職というのは才能が必要です。

過去に営業成績でいくら№1をとっても、管理職の能力がなければその営業所はたちまち経営危機となります。

今まで培った能力とは別な能力が必要です。
昔は営業ナンバーワン成績を誇った上司ほど
管理職に必要なマネージメント能力というのを期待するのは難しいでしょう。



今の私の上司はいいところもあるし、悪いところもある。

その悪いところが移ってしまった形と言えるでしょう。(笑)


ホントはもう少し主体的に動きたいですが、条例も知らない新人のペーペーに主体性を求めることは地方公務員ではしません。

細かい指導というのはありがたい反面、自分で考えるという能力が劣ってしまいます。
ゆえになんでも頼って思考停止状態になることがあります。

放任主義過ぎてもいけません。
ホウレンソウというのはどの職場でも大事ですから。

その辺のさじの取り方。
今後10年、20年先の話ですが、自分が管理職となるうえで大事にしていきたいところだと思います。




拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カテゴリー

最新コメント

[07/23 MYI]
[07/16 こた]
[07/09 ぽり]
[07/08 MYI]
[07/08 AKI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]