忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

最近はパフォーマンス報告中心です。 投資は自己責任で。

カテゴリー「その他」の記事一覧

最近著名ブログに現れがちな売った理由を聞く奴

最近の下落相場が続き、殺伐としており、特に下落慣れをしていない投資家に多いのでしょうけど上手い人に下がった銘柄の売った理由を聞く人が増えているように思います。

私は下がったらファンダが良かろうが悪かろうが、とりあえず資金管理の面で売ることのほうが多いです。



拍手[3回]

・・・つづきはこちら

順張りと逆張りの定義を再考

順張りと逆張り。

私は今後上がりそうな銘柄を買っているという意味で、同じことをしていると思っているのです。

拍手[2回]

・・・つづきはこちら

派手に破産。

破産しました。(精神的に)
上げ相場は運、下げ相場は反省する場です。

大きく動きました。悪い意味で。
何とか致命傷で済みました。

あまりにひどい状態なので、悪いものだけ簡単に決算精査します。
1個ならまだしも、現時点で3個も。
※ 無視できる利益範囲に着地した銘柄は放置・無視。
まだまだ増えるのでしょうか 汗。

拍手[2回]

・・・つづきはこちら

個人投資家パフォーマンスランキングについて

個人投資家パフォーマンスランキングについて。

参考

http://value-ranking.seesaa.net/

私は参加していませんが、概ねこのパフォーマンスランキングの特に保有銘柄に注目しています。

特に狙っているわけではありませんが、私の保有銘柄もこのパフォーマンスランキングの保有銘柄と被ることは多々あります。
最終的に個人投資家が好む投資先は偏りがちなので仕方ないところではあります。
今でもステップやウイルプラスなどが被っています。

拍手[2回]

・・・つづきはこちら

インベスターZについて

インベスターZという漫画を読みました。
この漫画1巻 (credit 6)にある通り、資本主義は永遠に気付いてはいけない(仮に気づいても気づかないふりをする)ねずみ講の自転車操業という魔法にかかっています。
気づいた瞬間誰も借金をしなくなるので(お金の正体は信用という誰かの借金なので)お金自体がなくなります。

私は株式投資を通じて魔法が解けてしまい、気づいてしまった側(気づいても気づかないふりをする側)になってしまったのですが、一般国民が気づいた(信用がなくなった)瞬間崩壊するのです。

この漫画に描かれている内容(資本主義と戦争は切っても切り離せないもの、戦後の復興は定性条件等の運が良かっただけなど)と私が今まで投資を通じて得た知識、感覚が一致しており、概ね多くの投資家はこういう思考経路を経て、こういう境地に達するのかなと思いました。
様々な実在する社長も登場し、経済史も勉強でき読みごたえがあります。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

トランプ勝利

トランプ候補が勝ちました。
当然のごとく日経平均は暴落。

為替のボラティリティも高く、非常に不安定な金融市場になりそうです。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

追加経済対策は事業費20兆円だが、これは期待外れ・・・

かねてよりうわさされていた、追加経済対策。

事業規模は20兆円と言う報道がなされましたが、これはだめですね・・・。
財務省と言う楼閣を崩すことはできず、今回の景気対策も失敗するかもしれません。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

スペイン、ポルトガル、財政赤字幅が大きくてEU制裁金

ホントにEU情勢はどこも辛いですね。

EU財務省はスペインとポルトガル両国を財政赤字制限に違反したとの見解で一致し、初の制裁金を課されることとなります。

ブルームバーグより

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-07-12/OA7GXH6JIJUQ01



拍手[2回]

・・・つづきはこちら

ドイツがホントにヤバイ件について

イギリスがEU離脱で揺れています。

EUとは幻想。
管理通貨制の通貨統一など到底無理なのです。
通貨発行権と言う大事な主権の放棄。関税自主権もなし。

イギリスは最初から賢い。
現状はほぼドイツ(+オランダ)一人勝ちの状況が続き、
EU間の格差はどんどん広がっていきます。
そんな勝ち組ドイツ。
いえ、勝ち組なんかじゃありません。表の顔だけ勝ち組なのです。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

覇権国について

先進国株投資の多くは米国投資です。
時価総額比では少なくとも50%以上を占めます。

下手な先進国株に投資するよりも米国株一本の方がいい。
S&P500は、MSCI先進国株指数の平均を超えています。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

運用パフォーマンス

投資期間は2013年から2016年まではインデックス投資など投信で運用。

年間15~26%、10年で4~10倍の運用益を目指します。 上がりそうならなんでも買う雑食ですが、選定銘柄の中心は業績モメンタム系バリュー株。 低PEGレシオ、低PSR銘柄が好き。


2013~2016年まで
(インデックス投資での運用)
未計測(ほぼ±0%)

2017年
68.5%
2018年(8月時点)
18.2%
計測開始来
99.6%(8月時点)

カテゴリー

最新コメント

[10/27 MYI]
[10/20 元です]
[10/19 元です]
[09/30 AKI]
[09/30 MYI]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]